フコキサンチン療法の記事一覧

深よみエンタ:小澤征爾がんを克服 「後輩」に力強いエール=佐藤雅昭

秋の来日公演も待たれるウィーン・フィル。6月8日にオーストリア・ウィーンのシェーンブルン宮殿で行った「夏の夜のコンサート」を収めたDVDが早くも発売された。ハプスブルク王朝の歴代君主が離宮として使用したとされる世界遺産登録の宮殿で毎年開催される恒例の一大イベント。今年も敷地内に10万人もの観客が押し寄せ、盛況ぶりが映像からも伝わってくる。

 「月・惑星・星」をテーマにしたプログラム。ヨーゼフ・シュトラウスのワルツ「天体の音楽」やホルストの組曲「惑星」から「火星、戦争をもたらす者」などが演奏されたが、とりわけ喝采(かっさい)を浴びたのが映画「スター・ウォーズ」からの数曲。同オケがジョン・ウィリアムズの曲を取り上げたのは初めてだったそうで、冒頭のメーン・タイトルから客席は大いに盛り上がった。

 指揮台に立ったのは地元出身のフランツ・ウェルザーメスト(49)だったが、実はこのコンサート、小澤征爾(74)がタクトを振る予定で準備を進め、演奏曲も自ら提案。ところが食道がんの術後とあってやむなく断念。代わって小澤の後任としてウィーン国立歌劇場の次期音楽監督に決まっているウェルザーメストが、意向をくんでプログラムもそのままに臨んだという“裏話”があった。

 このコンサートから54日後の8月1日、小澤が長野県・奥志賀高原のホテルで7カ月ぶりの指揮姿を披露した。「サイトウ・キネン・フェスティバル松本」に参加するアジアの若手音楽家たちの合宿地でリハーサルに参加したもので、気合十分の指揮で回復ぶりをアピールした。

 昨年12月に人間ドックでがんが判明。今年1月に都内の病院に入院し食道を全摘出する手術を受けた。体重は15キロほど減ったが経過は良好。会見で小澤は闘病を支えてくれた家族に感謝の言葉を述べた上で「きょうは第二の人生の初日」と力強く再起を宣言した。

 先月28日に同じ食道がんを公表したサザンオールスターズの桑田佳祐(54)にも言及。「桑田さんのことは聞いていました。ぼくと同じく人間ドックで(初期のがんが)見つかったとか。今の医学は大変進歩している。絶対大丈夫!」と力強くエールを送った。

 桑田は7月31日夜に放送されたTOKYO FM「桑田佳祐のやさしい夜遊び」で、がんを患っていることを初めて自分の口からリスナーに報告。そして医師から「1年後にはステージに立てるでしょう」と太鼓判を押されたことを明かし「死んでも戻ってまいります」と復帰をファンに約束した。

 「世界のオザワ」だけではない。肺がんを克服した歌手の吉田拓郎(64)も2日に放送されたニッポン放送「坂崎幸之助と吉田拓郎のオールナイトニッポンGOLD」の中で激励した。「桑田君と非常に近い人たちと連絡を取り合い、常に病状を聞いています。本人は“ご心配いただいてありがとうございます。ご心配なさらないでください”と。年内は休んで、ゆっくりという方向なんじゃないかな。(がんは)初期の初期だったらしくて」と話した。

 音楽のジャンルは違っても偉大な“先輩”たちの励ましは何よりの薬。桑田の所属事務所は4日夜、無事に手術が終わったことを報道各社にファクスで報告。関係者によれば、7月30日に都内の病院に入院し、今月2日に患部を除去。「翌日には少し歩いたりと、担当の先生も驚かれるほどの回復をみせております」としている。一日も早い復帰を祈るばかりだ。

パラグアイのルゴ大統領、がんとの診断受ける

アスンシオン(CNN) 南米パラグアイのフェルナンド・ルゴ大統領(59)が、がんの一種、非ホジキンリンパ腫と診断されたことが分かった。同国のエスペランサ・マルティネス保健相が6日、記者会見で明らかにした。

同保健相によれば、がんは早期に発見されており、大統領は治療を受けるため10日にブラジルのサンパウロへ向かうもよう。

ルゴ大統領は元カトリック教会司教で、任期満了は2013年8月の予定。

米国がん協会によると、非ホジキンリンパ腫は、現在全米で発症するすべてがんの約4%を占め、1970年代以降、発生率は約2倍に増加している。長期生存率は非ホジキンリンパ腫の種類と治療開始時の病期によって異なるが、同協会によれば5年生存率は65%、10年生存率は54%とされている。

広島原爆の日:がん発病、やっと向き合えた負い目--楠本熊一さん /和歌山

◇「核廃絶、見届けたい」--県被災者の会・楠本熊一会長
 「やっと被爆者の仲間入りができた」。65年前の6日、広島市で被爆した「県原爆被災者の会」会長の楠本熊一さん(85)=和歌山市東高松3=は今年4月、胃がんと告げられた。無数の命が奪われた広島の街で、他人を助けることもできず生き残った「負い目」にさいなまれてきた65年間。がんの発病によって、その負い目に初めて向き合えた気がする。原爆の日を、毎年訪れていた広島でなく自宅で迎えた楠本さんは、「助けたかった思いは変わらない。でも私にやれることを続けたい」と語る。

 広島文理科大(現・広島大)1年だった6日朝、爆心地から約1キロの友人の下宿で被爆した。窓の外が真っ赤に染まった直後、建物が崩れてがれきの下敷きになった。右腕に割れたガラスが刺さり、黒い雨が降ってきた。

 やけどで全身がただれた人たちが街にあふれ、水を求める人たちが川をさまよっていた。家屋の下敷きになった友人もいたが、通り過ぎることしかできなかった。「原爆は一瞬だったけど、見捨てた罪は一生です」。毎年広島を訪れるたび、“罪”がのしかかった。

 63年には県内の被爆者有志ら約350人と同会を結成。被爆者手帳取得の取り次ぎなどに取り組み、がんの発病を恐れる被爆者に寄り添った。核兵器廃絶のために学校などでの語り部活動にも力を注いだ。「動いていることで良心の呵責(かしゃく)から逃れたかったのかもしれない」と振り返る。

 今年4月15日。医師からがんを告げられた。前日に血便が出たときに覚悟はできていた。胃の3分の2を摘出し、約1カ月後に退院。しかし食が細り、2キロの散歩もできなくなった。会の会長を辞めようと思ったが仲間から慰留され、生き残ったつらさを語り合ってきた全国各地の仲間の存在にも背中を押され、再び前を向く気持ちになった。

 核兵器廃絶に向けた動きが活発になり始めている。楠本さんは「廃絶を見届けたいという思いは以前にも増して強い。先に亡くなっていった人たちのためにも、生きたい」と話す。

宮沢・安曇野市長:がん摘出手術、9日から16日間の療養 /長野

安曇野市の宮沢宗弘市長(70)は6日、初期前立腺がんの摘出手術を受けるため、9日から16日間療養すると明らかにした。宮沢市長は「早期発見できた」と説明。療養中の市長決裁は副市長や市幹部が代行する。

 宮沢市長によると、4月に人間ドックを受けた際、精密検査を勧められた。6月23日に再検査した結果、前立腺に悪性腫瘍(しゅよう)が見つかった。転移はなく、「体力があるうちに摘出した方が良い」との医師の助言を受けて手術を決断。自覚症状はなく、現在も生活は普段通りという。

 相沢病院(松本市)に入院し、今月10日の手術を経て、24日に退院の見通しという。短期間のため職務代行者は置かない。宮沢市長は「ご迷惑とご心配をかけて申し訳ない。一日も早く復帰したい」と話した。

パラグアイ大統領 がんと診断

南米パラグアイのルゴ大統領(59)が、がんの一種である非ホジキンリンパ腫と診断されたことが6日、分かった。医師団は、早期に発見されたため治療は成功するとしている。ロイター通信が伝えた。

 マルティネス保健相は、大統領はさらなる検査のため近くブラジルに行くが、通常通りの勤務を続けることは可能だと述べた。

 大統領は2008年8月に就任し、任期は13年まで。

子宮頸がんワクチン 中学生の接種費用を助成

鳥取市は、接種費用が高額で家庭の負担が大きい子宮頸がんワクチンについて、中学生を対象に費用の半額を独自に助成する方針を固めた。負担を軽くして接種率を高め、子宮頸がんの予防につなげる。竹内功市長が6日の定例会見で明らかにした。

 窓口負担がない定期接種に対し、子宮頸がんワクチンは自己負担が必要な任意接種。予防には3回の接種が必要とされ、費用は計約5万円掛かる。

 助成対象は市内の中学1年生から3年生の女子生徒約2700人。市中央保健センターは7割が助成制度を利用すると見込んでいる。

 市は9月補正予算案に約3千万円の事業費を盛り込む。可決されれば来年1月から実施する。

 県内では若桜、三朝、伯耆の3町が同ワクチンの助成制度を設けている。

高津住男さんが死去、74歳…肝臓がん

女優、真屋順子(68)の夫で俳優の高津住男(たかつ・すみお)さんが7月31日午前1時20分、肝臓がんのため東京・板橋区内の自宅で亡くなっていたことが6日、分かった。74歳だった。

 先月27、28日に東京・新宿文化センターで主演舞台「俳幽物語り」が上演されたばかり。同ホール関係者は「予定変更は聞いていないので、高津さんは出演していたはず」と話し、公演後に容体が急変したようだ。葬儀・告別式は行わず、施主は長男の健一郎(けんいちろう)氏が務めた。

 高津さんは、1961年に映画「あれが港の灯だ」でデビューし、ドラマ「なかよしケンちゃん」などに出演。69年に真屋と結婚、79年に2人で劇団樹間舎を旗揚げした。真屋が2000年12月に脳出血、04年に脳梗塞で倒れた際は、献身的に看病しおしどり夫婦で知られていた。

ピンクリボン川柳 今月末まで募集 和歌山

和歌山市保健所は、乳がん予防をテーマにした「ピンクリボン川柳」コンクールの作品を募集している。

 乳がん検診を受けてよかったことや思い出、検診を受けてほしい大切な人へのメッセージなどを川柳にする。ピンクリボンは乳がん予防・早期発見をアピールする世界共通のシンボルマーク。

 応募資格は20歳以上の市在住者。1人3句まで。応募用紙を市のホームページからダウンロードし、応募する。締め切りは31日。入賞者には賞状、記念品をおくる。問い合わせは同保健所地域保健課健康づくり班((電)073・433・2261)。

子宮頸がんワクチン助成 鳥取市、来年から半額

鳥取市は6日、中学校の女子生徒を対象に子宮頸(けい)がんのワクチン接種を半額負担する助成制度を来年1月から導入する方針を明らかにした。子宮頸がんワクチン接種の公費助成を求める声は全国的に高まっているが、山陰両県では一部の町で導入されているだけで、都市部では先進的な取り組みとなる。同市は対象者の7割程度が接種を受けると見込んでいる。

 

 接種は3回受ける必要があり、費用は1回につき約1万6千円。市単独で1回ごとに8千円を上限に半額を助成する。初回の1カ月後に2回目、6カ月後に3回目を受けることから、初年度は2回目までを助成する。

 事業費として約3千万円を今年度一般会計補正予算案に盛り込み、9月定例議会に提出する。

 子宮頸がんワクチン接種への助成は、鳥取県では伯耆、若桜、三朝の3町でスタート。島根県では邑南町で実施しており、雲南市、奥出雲町が準備を進めている。

子宮頸がん対策実現を求め超党派集会、議員連盟結成へ松氏が代表呼び掛け人

ワクチンへの国費助成など、子宮頸(けい)がん予防対策の実現に向けた超党派国会議員の緊急集会が6日、国会内で開かれた。公明党の松あきら副代表(参院神奈川選挙区)を代表呼び掛け人に開催。与野党から約40人が参加し、議員連盟を結成する方針を確認した。

 次の臨時国会での予防法成立を目指す。出席したのは民主党の桜井充政調会長代理、自民党の松本純副幹事長(衆院比例南関東)、みんなの党の川田龍平政調会長代理ら。松氏は「生命にかかわる問題であり、党派を超えて取り組みたい」と呼び掛け。桜井氏は「子ども手当見直しにつながる最適な現物支給政策」などと推進を表明した。

 また、闘病体験を持ち選挙戦で同がん対策充実を訴えてきた三原じゅん子氏(参院全国比例、同党川崎市連所属)は「この病気から若い世代をはじめとしたすべての女性を救いたい。それこそが真の少子化対策だ」と決意を表明した。

 集会では自治医大の鈴木光明教授、日本医師会の今村定臣常任理事が予防対策のポイントなどを解説。闘病体験を語りつつ予防啓発運を進めている女優・仁科亜季子氏が寄せたビデオメッセージも披露された。