タオル帽子:がん闘病応援 副作用脱毛、経験の女性考案 /岩手

タオル帽子:がん闘病応援 副作用脱毛、経験の女性考案 /岩手

手製では、「思って、それを言います」。 ”
(47) = 青森県の八戸市=が岩手ホスピスのミーティング(盛岡市)事務総長の幸運jimamikikoを設計した「タオル帽子」は脱毛で癌の治療の副作用で心配する癌患者にとっての全の国に達しました。 また自らに癌と戦った経験を持っていた幸運島は今年の間、残りで800人以上に型紙を送りました。 手製、「願望は言われます」と言って、患者の家族に推薦されます。 【Keiichi山口】

- それは存在接触yoku、汗の場合にさえ安全です。
それを縫って、合わせて、タオル帽子は、型紙に従って切れることによって、タオルを作ります。 それが簡単な考えであり、大量の汗が出て来る身体の火照りの兆候が消えますが、温度が副作用で上がっても容易に汗を吸収して、また、接触も市販の帽子より良いです。
デザインの機会は、去年の3月に県の女性から受けられた電話相談です。 70代の終わりの肺癌のため家を回復した母親が、脱毛を気にしましたが、高価なヘアピースが欲しかったと言うのをためらうように思えたのは、内容でした。
また、幸運島は30歳での悪性リンパ腫が欠点でした、そして、髪は抗ガン剤と放射線治療で外れました。 それは風呂を上がります、そして、タオルがヘッドで回転しましたが、出かける際にためらう記憶力があります。 相談を受けました、そして、タオルで帽子を作った手芸円の話は思い出されました、そして、それを女性に送りました、型紙を作りながら「着飾るのは、それがこれであったならば可能である」と言って。 どう利かせるかはミーティングのホームページに置かれます、そして、コースは保たれます。 評判が呼ばれてそれが記入した注意であった、どこで接触を作るかは4番目になりました。
また、直腸癌を治療し続けた北茨城市の看護師と佐藤里美(47)は我慢強い家族のブログでタオル帽子を学びました。 私は、アウトラインに共鳴して、癌患者の場合、今年の秋に販売で手作りのタオル帽子を寄付して、日本対癌の社会に収益を寄付するつもりです。 それは、「多くの患者に連絡して欲しいです。」と願っています。

問い合せは岩手ホスピスの協会です。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


ポドフィルム、札幌・西区で開花 根は抗がん剤原料に »
« 大腸がんの権威・工藤進英さんが秋田市で講演