進行性大腸がん内視鏡治療:北野・大分大医学部教授の研究、厚労省の補助対象 /大分

進行性大腸がん内視鏡治療:北野・大分大医学部教授の研究、厚労省の補助対象 /大分

北野の積極的なすばらしい体力による進歩をしている大腸癌の内視鏡処理研究と第1代統合が研究する外科大分大学医学部の教授は本年度に厚生労働省の補っている物の調査のために採用されました。 それは27で共同で全国的な施設を実行します、そして、1年あたり5000万円は3年間備えられます。
北野教授は内視鏡手術の権威です、そして、この研究は年度2003に始まります。 ボディーへの出血、痛み、および負荷のリスクは単に小さな穴が腹と内視鏡に開かれるので、開腹手術が挿入されるより少ないです、そして、また、回復も、より初期です。 不可欠の癌の摘出は開腹操作でいいえn、色と呼ばれます。ずっと…
「本年度に肝臓に転移した患者は、また、作動して、できるだけ早く、効果的な治療方法として技術を確立したがっています。」と、北野教授は話しています。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


生かして…1秒でも長く ファラ・フォーセットさん「がん闘病」放映 »
« 重粒子線がん治療施設:「撲滅に協力を」 開業控え、県が保険2社と協定 /佐賀