重粒子線がん治療施設:「撲滅に協力を」 開業控え、県が保険2社と協定 /佐賀

重粒子線がん治療施設:「撲滅に協力を」 開業控え、県が保険2社と協定 /佐賀

3人(県、三井住友海上きらめき生命保険、および三井住友海上火災保険)は協力が重い粒子線(炭素線)に関する癌の撲滅のためのアプローチを進める協定を13年の春の始まりが13日にTosu市で予定されていた癌の治療施設にしました。
保険商品の販売に加えた癌の粒子線治療のセミナーが全国を通じて開催されるとき、両方の保険会社は、高度な医療の普及と啓発に取り組んでいます。 佐賀市で07でこのセミナーを開催したことをきっかけに協定結論が保険会社から県まで提案されたと言われています。
これ日。伝説。市。結論。古河。知事。きらめいてください。人生。社長。海。発火してください。伊藤。会社役員。九州。総支配人。協定覚書。サインしてください。お互いと手と握手してください。

2つの会社が政府機関などを通して粒子線治療とTosuの施設で周知の状態で個別に支払われて、言う、それが試みる医療費の部分になる粒子線治療費用をカバーする保険商品に市を販売します。

佐々木社長「新しい治療法で注意を最もたくさん向けるのは、重い粒子線です。 それが癌で破らない社会の達成に貢献したいと思います。 」それは話しました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


進行性大腸がん内視鏡治療:北野・大分大医学部教授の研究、厚労省の補助対象 /大分 »
« 抗がん剤の効果 事前判定