お酒弱いのに飲酒・喫煙、食道がんのリスクは190倍

お酒弱いのに飲酒・喫煙、食道がんのリスクは190倍

それが最大190倍上昇するのが理解されるか、またはそれほど表面がすぐに赤くする日本酒への身体虚弱の人が飲酒と喫煙をするなら食道ガンにかかるというリスクで飲まないで、また**のアシスタントについて研究するので、煙草を吸わない人と比べないで、東京大学の中村教授とKoichi松田は**を関連づけます。
飲まないで、その人が煙草を吸ったなら、同じ構成の人さえリスクの約7倍に落ちました。 それは理解で構成を防ぎます、そして、ライフスタイルかそれに注意を向けるのは初期段階に発見するのにおいて可能です、そして、予想されます。
調査チームは1070人の患者と健康な2832人で遺伝情報の約55万の場所の違いを食道ガンと比較します。 2(発癌性がアルコールから指摘されたアセトアルデヒドとアセトアルデヒドを決議した酵素を作った酵素)が食道ガンのリスクに関連したのが確かめられました。
アセトアルデヒドは酒が不快にする原因物質にタバコの煙に含まれています。 アセトアルデヒドの分解能力が弱いので、表面は赤くなります、そして、日本人の40パーセントはこのタイプです。 アセトアルデヒドを作る運用が、弱いときに、不快になる前に、アセトアルデヒドは、うっかり余分な飲酒をうっかり増加させます。
弱い人が1日の缶ビールか以上の飲酒と喫煙をしたとき、相乗効果は働いていました、そして、それは酒に強かったです、そして、食道ガンの危険は飲まないで、煙草を吸った人と比べた飲酒と喫煙の影響が2つの酵素を働かせる酒に弱々しく上がりながら調べられた最大190回上昇しました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


抗がん剤の効果 事前判定 »
« お酒に弱いのに飲酒・喫煙…食道がんリスク190倍に