粒子線がん施設 PR推進へ協力協定

粒子線がん施設 PR推進へ協力協定

県と2つの三井住友火災会社

3人(県、三井住友海上きらめき生命、および三井住友火災)は佐賀県が13日の民間主導でTosu市に確立した粒子線癌の治療施設の広報の前売りのなどと協力の協定を締結しました。 施設のPRと最新の医療に分かるのは明らかにされます、そして、癌の撲滅の機会は改良されています。
2つの会社が、粒子線癌の処理セミナーとしての社会的な貢献活動が全国的な様々な場所に保持されたので、高度な医療情報を提供して、県の協力を提供しました。 公衆に知らせて、普及の活動は将来、県でセミナー把持と政府機関を通して開発されるでしょう。
それは古河のヤスシ知事です、そして、彼らは**人生きらめきの佐々木の社長です、そして、海の生物発光のakira伊藤九州の部の総支配人は佐賀市である結論タイプに応対します。 「癌を知っていて、癌に反対であり、それが癌で破らなかった社会の達成に貢献したこと」が確認されて、協定覚書がサインされたということであると思われた目的。
佐々木社長「注意の御馳走を引き付けて、そこですが、粒子線癌は様々で、新しい治療法です。 距離のため医師に相談するのが、可能であり、PRをしたいと思います。 」挨拶で。 「癌の撲滅のための県の時間の住民が来ると予想されます。」と、古河知事は説明しました。
【写真を撮ります】=Saga市のホテルニューオータニ佐賀。 手と握手する古河・ヤスシ、**佐々木、およびakira伊藤(左からの)は協力の協定を締結します。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


お酒に弱いのに飲酒・喫煙…食道がんリスク190倍に »
« 【健康】がん患者の職場復帰を支援 NPOなど活動