【健康】がん患者の職場復帰を支援 NPOなど活動

【健康】がん患者の職場復帰を支援 NPOなど活動

それはお互いを支持します、そして、不安は取り消されます。
これまで、癌が働き盛りの時代によって見つけられるとき、働き続けたがっていることを願っている多くの患者がいます。 しかしながら、体力側に処理と共存する際に、不安を感じます、そして、戻った後に、仕事がうまく行かない人は少しではありません。 そのようなものでのサポートと癌患者の復職、NPO法人、「」 などがプロジェクトで始動したKyansa-ribonzu。 それは、働く私自身の方法、およびそれが支持する活動では、社会全体の患者がどう開発されているかために癌患者の仕事を保ちながら、目的とされます。 (Yuko平沢)

プロジェクトは、癌患者が気持ちと転向者をアレンジできるように支持して、全体の社交界のお互いでそれを支持するために活動を促進します。 そして、それがしたがって、その処理が人生につながるかもしれないのが必要なものを捜し求める、「Ribonzuhausu、」 全国を通じて普及と患者の交換が深められる場所として、セットアップされます。
復職のアンケートが165人の癌患者のために実行されたとき、活動の前に戻った後に、70パーセントは、仕事に関して戻って、40パーセントが「体力側に処理と共存することにおける不安」を感じる前に、「それはきつい」と感じました。 そのうえ、不安が気持ちをアレンジして、復職、および扱う満足で変換できた患者のような少しが高いということであったという傾向は見られました。
虎ノ門病院分院内科司令官のKawahataディレクターが実施するTe、部「仕事に負ける不安が、人生に負ける不安より強い多くの人々が働き盛りの患者にいます。 他方では、また、痛い治療に耐えることができるのにおいて家族とオフィスがあるので、船尾は回復します。 」復職が癌患者の処理の助けになる半面は、それを確実にすると指摘します。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


粒子線がん施設 PR推進へ協力協定 »
« タオル帽子:がん治療副作用で悩むがん患者のために考案