がん患者支援 23日に講演会

がん患者支援 23日に講演会

23日の大阪市の大阪YMCAホールに「あなたが回復するので、すべての癌が大阪にある」という患者と家族が開く癌を支持する「癌の我慢強い研究実験室」(本部と横浜市)NPO法人の講演会の西地区。
この実験室は「患者自身がライフスタイルを改良します、そして、癌を治療するために操作、放射、および抗ガン剤で処理に依存するだけではなく、生きるのをまた楽しむこと」についても重要性を呼びます。 それは正反対のために元癌患者が回復した体験談とどのようにに関して癌と話すか、そして、シンポジウムもあります。
この会社のサポートを受ける我慢強い協会のメンバーは先月同じ都市の中央区の心斎橋筋肉商店街の通行人に講演会のパンフレットを配布しました。 イギリス織田**、議長、(45) だれかが、3年前に食道ガンで働いていました。「それはエネルギッシュになりました。健康的な食習慣と動きで取って、ハーフ・マラソンに立候補さえできてください。 人生は見直すことができました。 」それは話しました。
講演会の入会手続料4200円と500容量。 予約と問い合せ: この会社(045・962・7466)に。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


タオル帽子:がん治療副作用で悩むがん患者のために考案 »
« がんを生きる:働き続けたい 反響特集 差別、偏見に驚きと怒り