がんを生きる:働き続けたい 反響特集 差別、偏見に驚きと怒り

がんを生きる:働き続けたい 反響特集 差別、偏見に驚きと怒り

印象は、シリーズが「私は働き続けたかったです」であると接近します。「癌では、住んでいます」。 (4月に14–16日に発行されます) それは100人の読者から心配症の人を紹介しました、そして、癌の治療と仕事を並立するのに意見を送りました。 癌患者への働く偏見、区別における驚き、怒り、および生き方への共感がつづられたという多くの1つがあります。 それは部分を導入します。 【Yuko清水と山田大輔】

- 減少している復職を扱います。

乳癌手術は’01 6月に受けられました、そして、それは1年間の半分の後に復職しました。 外国で系列のコンサルタント会社には人事コンサルタントがいました。 作動する前に、それは、週末に満足に忙しい状態でそれを休ませていませんでした。 外国人の上司がそれが同僚によって言われましたが、などを減少させるとしてワークロードを支持したのが「ボディーが置かれたか、そして、それを辞職するのが、少しも有能であったのは必要ではありませんでした」。 本部は、短い間ワーク・システムを使用して、1週間の3日に現在、正員のように働いていました。
癌は働き方と生き方を見直す機会になりました。 せっかちな復職は危険です。 私は、システムなどにおける患者のもののための側が気にするサポートとボディーのリセットの期間までのあなたのために計画が欲しいと思います。 =埼玉市の北区、会社従業員、およびAkikoナカシマ(54)

- それは経済的に苦痛です。
肺癌における手術は昨年受けられました、そして、オフィスは今春に戻りました。 それは拒否されました、仕事がきつく、それを復職させる前に、改造を会社に提供しましたが、「傷病者がさらに受け入れられたポストが全くない」と言って。 全身がだるく息が止まりそうになることなどの体力は下がります、そして、過度に働くのは、可能ではありません。 1日間、働いた後にトイレでの休息も取った後に、それが戻るところにあります。 仕事の圧力がぶり返しの引き金にならないか、またはそれは不安です。
できれば、癌は利益です。大金の薬と保険、どちらかでない処理であり、私による回復に集中する必需品ですが、経済的に厳しいか、または働き続けること。 長期は回復されています、とオフィスを失うために思えて、それを休ませないとき、オフィスを出るのは促されます。 =東京、会社従業員、および40代の女性

- 共存していて、それを支持するシステム

妻は昨年、乳癌のため迷子になりました。 私の仕事は忙しいのですが、それはその後再発しました、そして、問題の人の望みで、操作の後に助かりました。 それは医師、「免疫が仕事などの疲労で下がったとき、薬は利かないこと」によって言われました。 それは、私が彼らにゆっくり体を休めさせるだけでよいのを残念に思いました、そして、仕事と処理を並立するという困難は実際に感じられました。
「私は癌にかかりません」が区別と偏見へのオフィスでの癌患者の遭遇に真っすぐになる過剰であるかもしれないという根拠なしで自信がある人。 皆が癌になることができるという意識を持って、オフィス作成を急ぐために、システム保守などが容易に働いているのが、必要です。 =大阪市住之江区、自営業、および(63)の男性

- 通知と操作…経験スプリング設立
癌は、通知されていて一度あきらめられた人生です。 千葉県の富里市のMisae村上(46)は、願望を利用する専業主婦から、根本的に変化して、それを設立しました。 家と倉庫で装飾品と着物のぬいぐるみに眠る古い着物を作り替えるのは、仕事です。
それは6年前に激しい胃痛で病院に行きました、そして、高い悪性があるsukirusu胃癌と診断されました。 予想されなかった慢性病のような10代からの胃痛があったので、それは文でした。 他の病院の初期の癌を間違いながら、判明しましたが、胃の半分が切除されました。
部分仕事は回復する間、新東京国際空港の免税店で始められました。 外国人は喜んで和風の記念品を買います。 私は、「私が知らなかった日本」が新鮮であると感じました。 着物のテディベアが妹と共に作られているとき、それは人気があります。 それは設立セミナーに通勤しました、とまた、パーソナルコンピュータが学びました、そして、会社は、’07 2月に8人の従業員として一本立ちしていました、そして、インターネットショップは開かれました。
「娘を私の成人式のために働いている長く袖のドレスにそれを置かないで、買っ」て、「母の形見はこのおもちゃのキューピッドchanに服を着せられます」。 「様々な命令は来ます。」 有効に縁の切断を利用した携帯電話ひもは、観光代理店の「訪問日本のキャンペーン」コンテストにおけるグランプリ(秘書賞)になるように選ばれました。
「疑問は感じられませんでした、そして、専業主婦でした、そして、手術が受けられる前に、それは一生存在するつもりでした。 癌の経験は挑戦する権限を与えました。 」。また、状態が返して、人生が再び会社の管理に努力している間に古着にふいにされる物理的。
- 高校と大学のクラスの連続の記事と教材に
学生の印象にクラスの教材としてシリーズを使用した高校と大学から達しました。
youtakaが3年生のクラスによって連れて行かれた、介護福祉士と看護師を目的とした群馬の県の伊勢崎kyou。 飛鳥石川さん「病気だけを見ないで、人のキャリアと機能を見るのが、必要です。 仕事と処理が共存できるという環境は重要です。 」。Minakosanha斉藤「癌は得られた皆です。 だれにも、癌を伴う仕事を奪う権利がありません。 」それは書きました。 料金のミ中山の教師の奉子(42)「専門家の福祉のものと患者の人生を支持する医療局面は、重要です。 私は、単に病気がないとしての人生問題として癌を捕らえて欲しいと思いました。 」それは話します。
新潟医療福祉サイズは3社会厚生福祉教授陣の年生のクラスでした、そして、学生は記事を読みます。
「癌にかかっても、かなり有能です。 私は、それが働き続けるために何か生きがいとするものに接続されたと思いました。 」書くのは、急ぐ場所調和のまれなsanです; 「メディアは、末期ガンのなどに取るために傾向がありますが、初めて復職して、Itがメカニズムを真っすぐにするのに法とシステムなどが才能の雇用でだれが内部をつかむかをためらう計画と不況の危険が不公平に非難されませんが、楽に働き続けるのが必要であるとき、扱っている間、社会に返されて、いろいろな事が問題のものであったならばそうした人がいたのを知っていました。」というsolveMiyuki大滝Itはそれをつづります。
料金のタモツトヨタ教授(57)がおめでたの予定である、「学生が癌を理解している、非常に、それが思うステップの1つとして知る機会になってください、助け、」「仕事と共存するのがあるという現実は難しいです。」

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん患者支援 23日に講演会 »
« 炭素線がん施設 治療周知へ協定 県と保険2社が連携へ