炭素線がん施設 治療周知へ協定 県と保険2社が連携へ

炭素線がん施設 治療周知へ協定 県と保険2社が連携へ

県は県が13日に2013Tosu市への設立を目的とした最先端の炭素線癌の治療施設「九州最新の医療がんセンター」(仮称)で周知の状態で試みる協力の協定がある2つの会社(三井住友海上きらめき生命保険と三井住友海上火災保険)を接続しました。 施設と治療法ががん保険に努力する保険業界と協力するのによる周知のshiと我慢強く安全にするのに接続されると思われます。
炭素線癌の治療は癌細胞から体外から外科手術をせずに炭素イオンを照射することによって殺す医療です。 協定は、県の癌の診察相談速度向上で施設の啓発と治療法と普及であると思われて、調整されます。
利点は、最初に知っていて、扱うために値を付けられた高値の医療費かかるために、不可欠であり、県の健康な福祉本部によると、それを判断します。 それは、協力が全国的な様々な場所でネットに詳細な企業を舗装した保険会社まで見えると決めました。 また、保険会社会社の数が協定結論に興味を持っているとそんなに別に言われています。
結論タイプ、古河のヤスシ知事、**三井住友海上きらめき生命保険の佐々木の社長、およびakiraに、三井住友海上火災保険の伊藤九州の部の総支配人は協定覚書にサインします。 古河知事はそれに挨拶しました、「施設は、広く、それが知られていたように、2つの会社の啓発活動をしたがっていました」と言って。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がんを生きる:働き続けたい 反響特集 差別、偏見に驚きと怒り »
« 周南市:ミス相次ぐ 「がん検診済み」800人に誤通知 /山口