周南市:ミス相次ぐ 「がん検診済み」800人に誤通知 /山口

周南市:ミス相次ぐ 「がん検診済み」800人に誤通知 /山口

南都市が2009がそれに通知した年度に、癌の診察などの診察券を出した誤りがあった12日に発表した環境は誤りました、そして、市民が乳癌診察と子宮癌診察を受けた資格を持っていた40歳以上の800人の女性にとって、それは対象外でした。
都市で公立のセクションと健康な改良部に知らせることの情報によると、2つの癌の診察を、販売促進による都市などの約30パーセントの自己負担に終わって、相談できます。1年ごとの医師。 プログラムを間違って、年度2008に医師に相談していなかった人が、診察券の起源になる適格者のデータがコンピュータであったときに、相談されて、医師が処理して、診察のために受け取られないと思われた診察券を産出して、年度2009に出したということであったと思われます。 点があって、7日にチケットを受け取る市民から理解されたと言われています。 都市が再び詫状で診察券を市民に送った、だれ、誤送られる、それ、12日に。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


炭素線がん施設 治療周知へ協定 県と保険2社が連携へ »
« 県立静岡がんセンター:ベッド数12床増、569床に /静岡