横領:がんセンターの備品ネット売却 沼津の元契約社員、容疑で逮捕 /静岡

横領:がんセンターの備品ネット売却 沼津の元契約社員、容疑で逮捕 /静岡

荒さは、山形県の酒田市の健康な部が厚生労働省の専門家会議「がん対策販売促進会議」の委員会によって東北から選出されただけであるので、働くために(41)をukayoします。 癌の診察の相談速度向上を扱う結果は認められました。 荒さ人生は願望を示しています、「ローカルの事実について助言を与えて、また、自らで研究したがっています」と言って。

会議は全国を通じてNPOなどに関連する医師や、担当している管理人や、人などの20人で構成されます。 , そして、在職期限は2年です。 1年あたり3つの会議では、それは国の基礎プランにおけるがん対策の販売促進のために人の意見を与えます。
荒さ人生は酒田市の来ることです。 それの後の県の栃木の病院の2年間の看護師が山形都市で看護学校を卒業するとき、それは働いています。 それは生活習慣病予防に関する心配からの酒田の都市の役員を目的としました、そして、1992年に採用されました。 それは現在、アダルト健康を担当して人のチーフとして勤めます。
山形県の死亡率癌の罹患率は胃癌の周りで高いです、そして、Shonai領域は特に高いです。 他方では、酒田市の胃癌と大腸癌診察の受診率は低かったです。 「40における働き盛りの受診率の停滞–50代であるのは、特に問題(荒さ人生)であった」という前述であり、ことです。
都市の公衆に知らせるだけである、当てにする呼ぶことが、2006年のアダルト健康を担当して人で止められます、そして、診察申込み書の一族分配は始まります。 医師を招待した講演会が頻繁に行われたので、それは啓発に固執しました。 その結果、胃癌の受診率と20%以下であった大腸癌診察は30まで行きました–県の普通の平均の40%。
荒さ人生は、去年の5月に国家の健康医療科学アカデミー(埼玉県のWakoshi)でアプローチに関して報告されて、この選挙につながりました。
神父は去年の12月に肺癌のため迷子になりました。 また、5年間病気に対する戦いを支持した家族は、どうにか癌を作りたがっていました、そして、後部は押されました。 それは振り向きます、「また、父親であり、私が最初に不適当になるかどうかを心配しましたが、引き受ける決定をしたいと思います」と言って。

荒さ人生は話しています、そして、「酒田市の企業とローカルの事実が会議で報告されるだけではなく、パリアティブ・ケアなどが他の委員会からまた吸収されると考えられて、全体の県のがん対策につながります」。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


県立静岡がんセンター:ベッド数12床増、569床に /静岡 »
« 日本核医学会平成20年度ワーキンググループ (WG)