日本核医学会平成20年度ワーキンググループ (WG)

日本核医学会平成20年度ワーキンググループ (WG)

「ワーキンググループ(WG)の第1回会合」okaか以上 ..「. . アルファを使用した癌治療が、発するというnaoの望ましい方法を攻撃してください。」日本の、そして、核の医学会年度では、2008は2009年2月の4日に放射線医学総合研究所で開催されました。 21世紀の癌の治療は、遺伝子を増殖させる分子と癌を引き起こす癌細胞を目標にして、機能を達成して、抑圧癌細胞の増殖を制御する癌の分子標的治療の臨床応用で革命を実行しようとします。 また、例えば分子生物学の開発に従って放射性ヨードを使用するバセドー病と甲状腺癌の治療が大いに変えた非密封性ラジオアイソトープ(RI)を使用する取り処理。 さらに、最新の調査結果によると、α線が使用されるならこれまで広く使用されるベータ線と比べて、癌の環境で、より効果的に正常細胞にほとんど影響を及ぼさない癌細胞を小さい副作用かだめにして、傷つけることによって癌の治療について考えるのが可能であると言われています。 ミーティング、あった最新の調査結果では、WG委員会でのα線処理を見直しました、そして、活発な意見交換をしました。 横たわるベースと臨床的な研究は広く見直されます、 naoの可能性攻撃okaの処理かα線を使用する一層の癌が、調べられて、それはα線を使用する処理が、核種を放出するというベースのインディケータと我が国での臨床的な研究活動の決定を未来の未来の2年間の支出にする予定です。 WGItはそうにならないでしょう。将来活動に関するその偽りが放射線医学総合研究所の放射線学であると思うとき、このWGの結果が放射線医学総合研究所の癌の包括的な医療で部分になることができるのは、予想されています。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


横領:がんセンターの備品ネット売却 沼津の元契約社員、容疑で逮捕 /静岡 »
« 歯科治療の使用済み金属を小児ガン治療に 日本財団と日本歯科医師会