歯科治療の使用済み金属を小児ガン治療に 日本財団と日本歯科医師会

歯科治療の使用済み金属を小児ガン治療に 日本財団と日本歯科医師会

日本財団と日本歯科医師会、それになりながら不必要に集められて(約6万5000人のメンバー)、それの後の歯へのことは12日に金属の覆われたなどによって扱われました。 , 幼い癌患者の治療施設維持とアジアと共にそれらがタイイングプロジェクトで始めた再生で得られた資本のそばで小学校工事などに知らせる、「歯の妖精、(-tou、sufeari、-、)、」

協力歯医者の新人募集は6月に始まります。 金属がいつで歯を覆ったか代用します、そして、歯医者は役割が終わっている金属を集めます、そして、この基礎は集まります、そして、それに気付きます。
このミーティングのtamomiotoko Ohisa議長が話している、「不要になった金属がある、もっとも、いろいろな事が処分のものであったならば容易に社会貢献に関するリソースを作らない、」

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


日本核医学会平成20年度ワーキンググループ (WG) »
« 「子宮頸がん」(2)子供いたから治療できた