シナガワ、抗がん剤の漏れ防ぐ医薬品容器用ゴム栓を開発

シナガワ、抗がん剤の漏れ防ぐ医薬品容器用ゴム栓を開発

【Higashiosaka】品川(大阪府東大阪市、品川恭之社長、および072・964・4756)は抗ガン剤の安全な取り扱いに関連する薬の容器のためにゴム栓を開発しました。 注射針がボトル容器から特別な注射器まで抗ガン剤を動かすために仕事で引き抜かれるとき発生する薬の漏出はゴム栓で封鎖されます、そして、それはサイトにおける公害防止の抗ガン剤を目的とします。 薬学部が近畿大学にある状態で、それは共同で展開しました。 生産のシステムも、将来、1年以内に真っすぐになる商業化と医療分野を完全なスケールに入れるでしょう。 ゴム栓のサイズは最大部直径における高さ10.3ミリメートルの19.2milli×です。 小さな空洞は漏水防止のために内部的に2に分割された構造から作られました、そして、吸水スポンジは埋められました。 薬が既存のゴム栓の注射器に動かされたとき、漏出の量は、0.6のマイクロリットルに開発商品を抑圧しました、もっとも、普通のお互いの上に16.7のマイクロリットル(ミクロは1/1,000,000であった)がありましたか? 吸水スポンジは将来さらに改良されるでしょう、そして、それは1の中でほぼ0で漏出の量を目的とします。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


「子宮頸がん」(2)子供いたから治療できた »
« がんを生きる:/36 記者の目・福田隆 闘い続く、結人君に感謝 /大阪