地域に広がる「がん哲学外来」

地域に広がる「がん哲学外来」

それが癌の医療のスペースを埋めるために患者の声を聞きたくても、それが可能でない相談に参加しても始まった「癌の哲学通院患者」が、それを聞きます。 この新しい通院患者はNPOを始めました、そして、記念シンポジウムが行われました。 「痛みは物理的に精神的に歩きます、そして、それは保持トライアルに入ります。 これ通院患者。ドア。開いてください。しばらく。気にしてください。さっぱりしてください。真意。話してください。好きでしょう。」(癌の哲学通院患者事務局の榎本をriesanします)

「あなたが癌にかかって、それが死の恐怖に直面しているなら、あなたは何を支持しますか、そして、生きていますか?」
そのような癌に不安と疑問に答えるために「癌の哲学通院患者」として1つの大学病院でカウンセリングします。
それは最近、NPOとして新たに始まります。 それは新宿と横浜、など領域として4で開発されるでしょう。
時間は入院していませんか、そして、(医師:)それが本当にそれを聞きたいのを聞くことができますか?「Itは、中で無料の見地で野外で話された場所を提供するために重要です。」(「癌の哲学通院患者」を始めたnokyou ottojuntendoudai教授にといを付けます)

さらに、ベース病院に全国を通じてなどを明らかにすると思われて、それは、将来、「我慢強い対象の医療」に達成を寄付したがっています。 (

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がんを生きる:/36 記者の目・福田隆 闘い続く、結人君に感謝 /大阪 »
« 温かみある着物展示 がん闘病中の友禅作家・下島さん