温かみある着物展示 がん闘病中の友禅作家・下島さん

温かみある着物展示 がん闘病中の友禅作家・下島さん

最初に、jimahiroshiについて展示会「下のyuzen展示会におけるJimahiroshi」を扱ってください。(53) 高い山都市の森下町でアトリエを設立するyuzen作家の下では、9番目は高い山都市のKazuyuki町のasobokukanで始まっていました。 14日まで。
下における島は高い山都市の出生です。 デザインの江戸時代の大胆な着物の魅力をして、6年間金沢で研究します、そして、現代からの京都の豊かな個性はそれに服を着せます。 人間国宝の下の学習と1982年の京都のshuega yuzenな作家が故Noboru波田Yoshioであったので、それは故郷に戻りました、そして、独立とアトリエは開けられました。
展示会は、下の後援で島の着物を扱う店の首都店の呉服もの(同じ都市のKazuyuki町)です。 着物8ポイント、7ポイントの染料量、および6ポイントが興奮して列を作るushi。 地域性は有効に利用されます、そして、真実が雪の上で木を置いた柿などの冬の長いHidaを考えるために、多くの作品があります。
下における島は、5年前に癌にかかって、現在、病気に対する戦いです。 「私は、一度それを止めたと思われましたが、まだ好きなことを続けたかったです。 容易に身につけることができる着物を作り続けたいと思います。 」それは話します。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


地域に広がる「がん哲学外来」 »
« 脚光浴びる新しいがん治療法ハイパーサーミア・温熱療法:毎日新聞大阪開発