脚光浴びる新しいがん治療法ハイパーサーミア・温熱療法:毎日新聞大阪開発

脚光浴びる新しいがん治療法ハイパーサーミア・温熱療法:毎日新聞大阪開発

【清村上tsukasadotoの毎日新聞の大阪の開発のデHyperthermia” (hyperthermia) is paid to attention asィレクターにshimariyaku企画部を尋ねます】

- 患者にとって、優しいグリーン処理

副作用がわずかであるので、「温熱療法」(温熱療法)を注意に支払って、新しい癌は治療法です。 その癌細胞を言うことに関する注意を向ける治療法は、長い間暖まるように弱いです。 (温熱療法)を結合して、腫瘍の縮小と延命効果が報告される「免疫治療と温熱療法」Itが、言われています。
一般に、早くから広くこの分野に知識が広げる注意を向けてみるのは、毎日新聞の大阪の開発が管理する「毎日の健康な客間」です。 「癌の治療、前部、」、素晴らしい市民公開講座は北海道、東京、関西、および九州で既に開かれましたなど。 , そして、毎回、500人を超えている関係者は、景気の良い店と関心の強さを示しています。
それは毎日新聞の大阪の開発村上清tsukasadoto Ltd.shimariyakuのディレクターに企画部を尋ねました。
- それ。知識普及「毎日の健康なサンの市民公開講座」によるトライ。

??毎回、それは壮大であるように思えます。
【村上さん】「講演、議論、および特別な大学で教師を招待する関係者から質問を受けるタイプは、公開講座を完了しています。 参加のアプリケーションのまさしくそのいろいろな事と私が得る関心の強さを感じるどんなホール感じ。 」

??温熱療法はどんな治療法ですか?

【村上さん】「まず、それは、医療機関でなくてまた拒否されますが、私たちという医師ではありません。 私たちは、あなたの健康を助けるために「健康な客間」を管理することになっています。 もちろん、教師や多くの特別番組が聞く声医療機器会社などの話、それを発行します。 私が特定の知識で言うなら癌組織が暖まるように弱いと言われています。 それは、この敬意に注意を向ける治療法です。 」

??それはどのくらいの温度ですか?

【村上さん】「それが41.5?約44度の温度が癌組織で有効であると言われています。 温暖化は高周波エネルギーの巧みな使用で可能です。 」

- 脳と眼球以外の癌に、それは有効です。
??温熱療法はすべての癌で可能ですか?

【村上さん】「脳と眼球を除いたすべてが暖まらなかったのは、可能です。」 ”

??ターゲット温度でsuruを暖かくしながら、まさしくそのであることは、それです–それが内臓であることができることの癌が深くそうした、ボディー

【村上さん】「癌の焦点は両極に体外から電極板に主に置かれます。 そこから行く高周波(コミュニケーション波のなどのため使用される電磁波)が、1秒あたり800万回転で生物分子(双極子)を作るので、熱の発生が起こるのは、メカニズムです。 」

??処理時間はどの範囲ですか?

【村上さん】「40分から1時間。」 ”

??公開講座は管理されましたか、そして、この温熱療法(温熱療法)の癌の治療における位置はどのように捕らえられますか?

【村上さん】それは考えられて、免疫治療などの薬が結合される患者にとっての優しい処理の’グリーン処理’がこのha-pa-sa-miaであればそうするでしょうに。「他の治療法を結合する接着剤の役割のように、考えます。」(普及: 日本のインタビューの新聞のメディアIR)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


温かみある着物展示 がん闘病中の友禅作家・下島さん »
« 藤田知事:病状は直腸がん 2週間入院延長、公務復帰は6月初旬--県発表 /広島