九電、九電工、久光 粒子線がん治療施設で新会社設立

九電、九電工、久光 粒子線がん治療施設で新会社設立

施設工事、管理基金、および設備購買alsoThree会社(九州電力株式会社、九電工、および久光製薬)は組み立てる特別目的会社(SPC)を設立しました、そして、微粒子で管理するのはTosu市への癌の処理施設「九州の最先端の医療がんセンター(仮称)」計画をひらめかせます。 それは、2013年に始まりを向けます、そして、佐賀県などで150億円予想された事業費を調達します、そして、施設工事と設備購買を扱います。 会社の名前は4月28日に「九州の重い粒子線要員派遣」によって確立されました。 首都は4500万円でした、そして、本部はTosu市にオープンされました、そして、佐賀県が去年の11月に参加としてそれを採用する前に、福岡市サブ市長Hiroshiヤマノは、社長の地位に就きました。
がんセンターに関して、工事は九州のShinkansenの新しいTosu駅の付近に計画されています。 施設建築費と設備のような約150億円が費用などを購入するのが必要であることを計画してください。 , そして、調達するために、30が50億円×80からの融資、100億円であり、補助金の投資と貢献における金融機関は、20億円であって私設です。県の会社。
民間からの基金と施設が設計された後に組み立てられた経営者側とそれが完成するSPC弱気筋であり、将来設立される医療法人は、がんセンターの経営を担当します。
ビジネスはSPC設立のため佐賀県から民間主導に変化します。 県、九州電力株式会社、および九電工では、福岡経済界における広いネットワークがあるなどはともに株主収集にかかわります。
針の先のそばで炭素線を癌細胞に照射して、患部を切らずに、粒子線治療は扱われます。 また、新幹線; ekiすると接近して、位置があります。使用9は予想されますすべてが、述べる。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


深よみエンタ:がん闘病3年、忌野清志郎さん逝く 「ロック葬」でお別れ=佐藤雅昭 »
« 二〇一〇年大統領選=官房長官が癌治療へ=病状次第では政局一転