女性の方がタバコの発ガン性物質の影響を受けやすいことが判明

女性の方がタバコの発ガン性物質の影響を受けやすいことが判明

喫煙が健康で、社会的なリスクがある習慣ですが、タバコが吸われるとき、女性は、男性よりすばらしい危険を負うかもしれません。 肺癌患者のために意図する研究で容易に、女性がタバコに含まれていたという発癌物質の影響を受けました、そして、癌が容易に起こる可能性を男性のものより少なかった喫煙の量にはっきりさせました。
ところで、上記のイメージはGHSによる発癌性がある表示のピクトグラムです。
詳細: 以下の通り。よりたばこ発癌物質に傷つきやすくて、新しい結果が見せている女性

女性はスイスでザンクトガレンに2000年から2005年まで存在した癌の特別なヘルス・センターに紹介されていた683人の肺癌患者のために行われたこの調査で男性と比べて、平均した喫煙の量が著しく小さかったのですが、男性から認められた以前で癌にかかる傾向を得ました。
「この結果は発癌物質が容易に女性に影響を及ぼした可能性を示します。」と、マーチンFrueh博士は5月にスイスのルガーノで1番目?3番目まで持たれていたMedical Oncology(ヨーロッパの内科腫瘍社会)のためにヨーロッパのSocietyと共に発表しました。
学術団体の共同議長であるバルセロナのヴァルd’ヘブロン大学病院のEnriqueta Felip博士が説明している、「女性でまれであるのが1960年代以来徐々に広まって、肺癌が言われましたが、アメリカ人の女性の死の原因になった癌の筆頭になった、1900年代、」 「女性は、肺癌の男性だけが病気ではありませんが、乳癌などの考慮を例えば、他の癌に変わらせる傾向があるように思えます。」 ”

しかしながら、それは女性にとって、悪いニュースであるだけではありません。 他では、この学術団体、肺の摘出手術が女性に会って、会われたために思えた腫瘍(腫瘍)の予後で発表されていた状態で、良い傾向は研究しています。
博士などのアイルランドのBasselアル-Alao追跡における研究者は非小細胞肺癌の摘出手術を受け取った640人の患者(239人の女性)を調査しました(それは小細胞肺癌を除いた肺癌の80%を占めます)。 私は、結果が操作の後の平均した寿命である間、男性の2.1年であったので、それが女性の4.7年であったと聞きます。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


藤沢秀行名誉棋聖が死去 がん克服、豪快で型破り »
« 生きる:小児がん征圧キャンペーン 日本をテーマに13曲 川畠成道さんコンサート