生きる:小児がん征圧キャンペーン 日本をテーマに13曲 川畠成道さんコンサート

生きる:小児がん征圧キャンペーン 日本をテーマに13曲 川畠成道さんコンサート

活発な世界的なバイオリニストと川の分野が(37)をnamichiする、(..becoming、それ. . Michi) 6日に新宿区、東京の東京オペラ都市で「壮大な家族のコンサート2009」(Mainichi Newspapersバックアップ)を開きました。 毎日新聞の幼児の癌の征服圧力キャンペーンに同意した川の分野は、理解とサポートの願望を幼い癌につけて、約1100人の聴衆に資金調達を求めた「金のリボン」というシンボルを忘れずにそれを適用しながら、働きました。
川の分野は8歳での薬の副作用で視覚障害を負っていました。 バイオリンは10歳のときに始動されます、そして、それは98でデビューします。 8番目の何倍もなるとき、今回の家族コンサートは、日本のテーマとして「荒木の月」や、旋律がある「出発の花」や13個の歌を実行します。 「それは、今日それをはたく子供がいたとき、バイオリンを始動するために思い出されました。 それは素晴らしいミーティングになりました。 」それは話しました。
Yasuhiro大島。一年、中学学校について。 (12) 脳腫瘍の種類(腫瘍)と豊島区、診断東京である視神経膠腫(koushu)で: 3歳までに。 「そう聞かれなかったバイオリンのかん高い音を聞いて、私は驚いていました。 パワーであって、実演を聞くのはそこで幸福です。 」それは解決して、微笑は示されました。 【Akiko田村】

-

それは、幼児のために癌を征服圧力資金調達と呼びます。 郵送先住所は1tsuの〒100–8051東京千代田区橋1の1つの告発(振替00120・0・76498)で1と毎日新聞東京社会事業団「幼児の癌の征服圧力資金調達」人です。 名前と金額などは、スペースで発行されて、明確に匿名希望について説明してください。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


女性の方がタバコの発ガン性物質の影響を受けやすいことが判明 »
« がん保険1日12億円支払い ある開示情報を分析すると