がん保険1日12億円支払い ある開示情報を分析すると

がん保険1日12億円支払い ある開示情報を分析すると

「保険と給付金は毎年’がん保険’を通して増加した顧客に支払われました、そして、2007年の年度の支払い満期の量は保険の2951億円と利益合計になりました。 これは平均して営業日の間、12億円の支払われた計算になります。 」

「がん保険」で有名な保険会社のDisclosure雑誌には、上記の記述がありました。約90パーセントの人が「2人という1人は癌にかかる」パンフレットのキャッチコピーのためにその人の60でこのシリーズで前半まで病気にかからないのが、事実に触れましたが、支払い結果「毎日の1200000000円」が先月の想像よりさらに莫大な量であると感じられました。しかしながら、契約口数が変であるはずがないので、すぐにそれを調べるなら2007年の年度の終わり付けで1400万を超えている契約があります。 「私は、1日あたりの1000年頃の支払いが年間それの後の顧客の番号が単語で中断する「保険証のユニット」として26万と何営業日もの数の変換で発生していたと聞い」て、「もっとも、それが保険の支払い件数のDisclosure雑誌に印刷されないので、直接保険会社を尋ねたとき、それは概数です」。
支払いがまだ高い頻度で発生したのを感じられます。 しかしながら、支払いが受け取られた26万が1400万を超えている全体の契約番号にそれを占領する比率について計算するとき、それは約1.8%です。 前述であり、「保険金は毎年、最大2人によって100人の契約者のために発生しない」ということであるかもしれません。 件数が終わりと8億円への365日間700余りのための1000年から小さく少しなるとき、244日間の年間の何営業日もの数が割られたデータのマークが毎日顧客のために再び1年間計算されるとき、さらに、支払の量は12億円から小さくなります。
しかしながら、私は、概算で図を理解できるのが本当に良かったと思います。 「図が大きいと感じられる発表の方法がありません」と、言いたいと思います、そして、それになって、「1000人は、他人事が毎日でないと考えます」と感じる人であるかもしれない人がいるかもしれません。 したがって、各々が判断できる材料が、完全になるのは、望ましいです。
1000年の顧客あたり12億円からの「それぞれ約120万円」の支払いが営業日の間あるとき、私が特に注意を向けたいのは、計算できます。 それがそこでこの図に関連されるのが、診断一時金が「がん保険」のために約100万円で追加される多くの契約法であるということであるからである多くの入院が操作と共にありますか?
私は、認識「病気」で癌が良いと思います。「それの後の急速な増加は老いるようになります。」 したがって、約100万円で40代を医療費にそれと提供する貯蓄が、作られるなら、私は、必ず、「がん保険」に入るべきでないと思います。 しかしながら「10人の1つを60代に前半まで超えている罹患率は、まだこわがっています。 それぞれ約120万円の保険が支払われる契約が月の円毎に数1,000に堪えることによって機能するなら、安全料金として同意するのは、可能です。 」私は、考える人がいてもおもしろくないと思います。
とにかく、多くの人々が、保険の支払い結果に基づく保険使用の必要性を判断できることによって、壮快な気持ちになることができるかもしれません。 各社はがん保険に制限されません、そして、それは「保険が役に立つ現実」を必ず、公衆に公開して欲しいです。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


生きる:小児がん征圧キャンペーン 日本をテーマに13曲 川畠成道さんコンサート »
« 支えになりたい 北上の緩和ケア病棟でボランティア