支えになりたい 北上の緩和ケア病棟でボランティア

支えになりたい 北上の緩和ケア病棟でボランティア

岩手県と患者のグループの上に北へ行く都市の癌の遺族はローカルに病院を開いた岩手の県の中央の部分病院で家庭菜園作成と普及のボランティアを始めます、「癌に反対の患者のサポートになりたいと思います」と言って。 病院の緩和ケア病棟は8000人以上のどの署名が形成されるかの「願望が妨げられる施設」(分類する)です。 署名活動にかかわる市民は医療人と共に我慢強い規格の病院を構成しています。
平家に従って、家庭菜園はビルの緩和ケア病棟の正面で取り付けられました。 3日の朝空になるので、癌家系協会「進行中の北のおでんsenoミーティング」のメンバーなどの6人は尾根を作りました、そして、いちごの苗は植わっていました。 きゅうりとトマトなどは栽培されます。
野菜などはそれが育てる患者の存在で病院にプロポーズします、そして、取り入れた後に、それは、旬の味を楽しんでいます。 日本財団(東京)のサポートで耕運機を買いました。 患者がいる収穫出来事は計画されています。
メンバーには、癌のため家族を失う経験があります。 「何かしかないので、人生感じが入院しているのがさっぱりすることができそうです。」と、肝臓癌が11年前に= その時(53)=tsumaemikoに注意したYorokoyoroko高橋代表している(70)は言います。

今月病院のロビーにおける1階に設立された癌の情報客間では、「びわの協会」我慢強い協会Miyoko高橋代表の(55)はボランティアによる相談に応じます。 そして、「それが薬剤師、聖職者、および日で采配を振って、「医師の説明はよく理解されません」と心配する患者の心の近くに描く、」不安「完全に」

家族協会と我慢強い協会における一般的な願望があります。 3つの都市のグループはセンターになります、そして、2005年にその時、増田の浩哉知事に8300人の署名を提出します。 「Palliativeのビルは家で内外に行くことができた平家に従ったユニットについて気にかける」願望が達成されました。
その時、署名収集のヘッドに立ったのは、放射線治療直後Hiroko黒田代表(死んだ)でボディーでびわの協会の前を県庁を訪問しました。 代表の後任となったMiyoko高橋「願望は新しい病院で医療人と患者が、より良い医療を作るところで妨げられます。 経験する人として客間で医療人と患者の橋渡し役になりたいと思います。 」それは言います。
病院の地域医療の部のnagahoshino Akira(46)「ボランティアは重要な状態で居住者の局面のそばでの患者のサポートを生きさせます。 市民と共に新しい病院を充実させたいと思います。 」感謝したいと思います。
北の岩手の県の中央の部分病院の県の行くのと花巻の厚生の病院は統合していました、そして、病院は4月にオープンされました。 25の部と434のアルコーブ。 第3に県の中の緩和ケア病棟は、個室の18の部屋とツインルームの3つの部屋であり、合計で24のアルコーブです。 また、家族が別館として一緒に費やすことができる日本間を設立した病室と家族のためのトイレには、それがあります。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん保険1日12億円支払い ある開示情報を分析すると »
« 川村カオリ、がん闘病も「元気です!」