「肥満とがん」テーマに 来月14日、富山国際会議場で講座

「肥満とがん」テーマに 来月14日、富山国際会議場で講座

富の大きい医学部で2番目の外科と富山新聞を構成する「医療と食物の増進販売促進会議」、富山県の薬の市民公開講座におけるなど船倉9番目の「肥満と癌」、および富山国際会議における癌の処理前部は、6月14日にToyama city大手町を中心に置きます。 北野の積極的な偉大な体力教授、富の大きい医学部の大分大学医学部最初の外科とko**Kazuyukiでは、内科の最初の他は講師として招待されて、それは肥満と生活習慣病の間の関係などに関する促進されたより大きい理解です。
重大な肥満を中止するために、外国で外科手術をします。 生理食塩水によるかかるのが、実行されています、腹腔鏡下調整の両方の芸術がバンドにおける胃の上部がシリコンでした停止が初めて、国内で05で実行されて、結果が患者の損失で獲得されたという組になることを食べる2004年が大分大学医学部に外科で重みを加えるということであるということです。胃での気球保護の芸術、どこ、胃に入る気球(気球)、1番目。 北野さんはsurgerysによる2処理の手術方法、効果などを導入します。
外科がコーディネータとして戸外講演、およびko**が権利を与える市民、「なぜ肥満になりますか?」に勤めて、メカニズムについて説明する肥満の秒の間の富の大きい医学部の塚田一浩教授。 関係と**kokorozaであるときに、そのうえ、肥満と癌の松井副の**は急速に薄くなって、hira**は、2番目の外科がボディーなどへの優しい食事を導入するという癌のなどAの疑問について講義する富の大きい医学部の長田講師です。ホール。
正午であって始めには、同じくらいのスケジュールがあります。もっとも、先願が必要である、半分、午後に開場することへの半分であり、入り口は無料です。 講義に出席するのは、最初の400人次第です、そして、問い合せのアプリケーション、電話076(434)7331、およびファックス076(434)は5043です、そして、県の薬の市民は講演事務局=ホームページwww.i?shoku.com=に開きます。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


川村カオリ、がん闘病も「元気です!」 »
« 記者の目:逝った「がんを生きる寄り添いびと」=萩尾信也