記者の目:逝った「がんを生きる寄り添いびと」=萩尾信也

記者の目:逝った「がんを生きる寄り添いびと」=萩尾信也

Ttaは静まります。ある年として末期ガンで人の人生の残りの判決を下してください。 ..最後の月の.. ..dyingの西原の認識(「東京自殺防止センター」(新宿区) 「自殺は自らによってやめられ」て電話相談shiharaakiraを続けているNPOの).. ..the18番目… 享年80とスプリングの晩にそれは出発でした。
センターの仲間は、親しみを置いて、「認識」と呼んでいました。 それは、昨年、12月に、歴史を紹介するためにあって、生きています。連続の記事による30年間の活動がこれほど紙の朝刊の「癌に生きるために近いbitoを描きます」の状態。 物理的な状態は新年以前悪化します、そして、認識は、その後、月の最後の大きい日まで電話を受け止めましたが、それは東京のホスピスに入院します。 それでも、ボランティアのトレーニングを材料とイギリスの参考文献にする翻訳は、半分のカ月の死亡の前にパーソナルコンピュータを持って来ることによって、続けられていました、「病院はできそうです」と言って。

3万癌と10年間列でそれを超えている自殺が、死の1/3の日本の原因を占領します。 人生をしてください。組み合わせ2のために、それは死と続いた人生まで時代死を映し出しました。
「今後、見たいと思います。」どんな人が死ぬか… 「認識は入院直後言いました。」 物理的な状態が良かったときに、それは、ホスピスの医師と看護師を相手に学ぼうとしました。 「末期の患者の世話をして、センターに電話を受け取るのは、同じです。 いてください。反対に目を背けないでください、そして、不正行為をしないでください。 」。それはそのように目を輝かせて言いました。
痛みによって攻撃されたとき、それは、痛みについて考えました。 「また、自殺を考えるために心における痛みがさまざまにあって、癌における痛みには個体変異がさまざまにあります。 痛んでいる痛みがあれば、また、貫かれた痛みがあります。 痛みがあります、そして、あります。高さ。 問題に入るzureba気持ち。 容易にそれを測定しようとするのは、無礼です。 」。’これは私にだれかにアドバイスします。「どれくらい苦痛であるかは、それですか?」という質問であり「How’苦痛であるのは、相談電話です–Ask、」それは私への6年間センターでボランティアに加わっていたつらい言葉でした。
それは一度退院しました、そして、家に戻りました、そして、それは子供と孫によって同封されました、そして、3月の80年ものの12回の誕生日が祝われました。 「人生、人の残りに判決を下されると、私は日の月の最後の大きい初めて生きたと思いました。 それは1つの誕生日に達したがっています、そして、これは、桜の花を見るために調節されます。 男性は貪欲です。 」。非常に言ったので、皆は笑わされました。
食事がのどを通過していない、再び入院するべき先月の1日に、それはあります。 それは2日間でベッドのように庭に出かけるでしょう、そして、桜の花を見るのが楽しまれていました。 そして、散って、それは自発的にそれが行ったところに、「時間は来ました」、定まるという葬儀の桜の花アレンジメントに報告されて、存在だったという単語は皆に向けて発ちました。
「私は残念である」「私も多くのヌードルを持っていること」が「ありがとうございます」、「また、私は完全にありがとうございます」。 「これは、二人三脚で行動し続けた妻のためNorikoと共に交換された単語です。」 センターの仲間に「ご親切をありがとうございます。 後部をお願いします。 」それは、手の留め金を取って、しました。 指し示して、また、話しが紙上で苦痛になったと書かれた50音のテーブルに関して話しました。
訪問の人々は部屋に置かれた注意での願望をつづりました。 したがって、センターのボランティアの男性は書きました。 多く、得る、言葉は以前、<寝顔が見えている間、認識から思い出されました。 考えItはそれが「あなたはどのように生きたがっているか。」であると尋ねられました。非常に生きています。」 尋ねられるために」「聴取、まさしくそのであるあなた(相談)がどのようにそれを感じたか、」 >

家族と仲間は、前日、ベッド死亡を同封しました。 それは思い出、および時々小さくうなずいて示された認識で上昇しました。 死んだ人と注意した人が、互いに近づいたとき、1時でした。
そして、降下している孫の中学学校の2年における少年は、18日に昏睡(昏睡)の状態へ駆け込みました。 「来た、I.、「生活費であるときには耳で掛けられる手と声の留め金をしてください、と答えます、すなわち「お互いである、-、」 小さい、」 その後に、少年は、認識の好きな旧約聖書「伝道の書」から声を出して電話をし続けて、節を読みました。
また、<で何を調節したか、そして、ありました。時折天国の下の出来事にすべてを提供しました。 それがいつを植えるかと/が生まれて、それは、死んで、>から引かれるものを植えました。

それは、ちょうど認識が眠ることができるように息を受けるsonosanakadattaです。 密接に「ありがとうございます」と少年を抱くので、それはNorikoです。 Tta。妻と孫の心の「素晴らしい死」を刻みます。 ..死にます… 認識

「死んだ後に、心臓は、かすかに動きます、そして、耳は聞かれます。」と、医師は言います。 私は、晩に病室から遭遇した昼間が、その時お互いに夜に徐々に移り変わるのを色を期待している間の心における認識の声と感じました。 , 「人生と死はばらばらに切られなかった人はだれも、および図面として近くに存在しています。」と言います。

「死への正反対は現在の人生と反対です。」 「新しい主要な設立のためのトレーニングは認識が人生の前での認識が岩手県で何回も言ったという単語を回転させるように旅に出た日を始めました。」 桜の花が散るマークで芽生える若葉の道に。
「あなたは1人ではありません。 電話は接続されています。 」。認識が電話の反対側と話したこの単語は私たちの近くで生活図面の重要性を教えます。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


「肥満とがん」テーマに 来月14日、富山国際会議場で講座 »
« がん治療の新たな選択肢 免疫細胞療法