Dr.中川のがんから死生をみつめる:/5 限界ある細胞分裂

Dr.中川のがんから死生をみつめる:/5 限界ある細胞分裂

心臓のセルは、それが生後に原則として分割されなかったので、するために最後の時間が癌であればめったにできないと心臓に言われました。 また、脳の神経細胞も同様です。 したがって、脳と心臓のセルが脳梗塞(梗塞)と心筋梗塞、などHoweverで死ぬとき、細胞分裂を補うことができないので、私たちは生きていることができません、脳と心臓がどのように防御されても「不老不死の水」は得られません。 遠くて、女性が1997年の122歳のときに死んだフランス人のカルマンを命名したと長い間生きる人によって最も言われています。 そして、考え、この120歳が男性の「最大寿命」であるということです。

. セル(体細胞)は無限です、そして、私たちから、細胞分裂を繰り返すことができないで、原因はそれです。滋養が動物の細胞で与えられていて、培養されるとき、分割は繰り返されますが、thisThereは頻度が限界です。 それが約50回分割されるとき、男性の胎児の細胞はもう分割されません、そして、新しいセルは供給されません。 約20回だけ大人の細胞を分割できます。
一定の頻度しか分割できないで、分割が私たちの細胞へ立ち寄るとき、一言で言えば、内臓は、死ぬでしょう。 したがって、脳以外の内臓と心臓の上にも寿命があります。 セルを分割できる頻度は、種子に従って異なって、長い間、動物に多くの頻度で生きています。 寿命が2年であるネズミが10回であるガラパコス亀である、寿命は100年が約100回分割されるということです。
それがこれである、多細胞生物の人生におけるそれ、細胞分裂の頻度には限界がなぜあるかが次回、詳細に言われますが、男性を含んでいます。

他方では、大腸菌が良い環境で培養されるなら、分割は無期限に繰り返されます。 寿命が全く細菌にありません。 ここに、「原始核細胞」の細菌などの大差があります(それには、核がありません)、男性を含むその「真核生物」(それには、セルの中のDNAがフィルムで包装される「核」がある)を言って。 真核生物が20億年として生まれた、半分に関して、約38億年間の歴史と命名されて、生き物のものに費やされました。 生き物は、発展時点で半分を使用することによって「死んでください」を発見したと言うことができます。
この敬意と癌は細菌と同様に「死ぬのは、可能でなく」セルです。 死ぬことができないセルはそれが私たちに望まれていない死を連れて来るでしょう。 (Keiichi中川、東京の大きい付属病院、および緩和剤の准教授は診療ディレクターについて気にかけます)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん治療の新たな選択肢 免疫細胞療法 »
« 柏、小児がんと闘う子供たちと交流会