がん患者と家族支え20年 ターミナルケアを考える会

がん患者と家族支え20年 ターミナルケアを考える会

癌患者の遺族から作られた「それに会うと、仙台の端末の気にかけることについて考えること」は(Kaoru吉永議長)、9日に設立の20周年に仙台市で記念講演会をつかみます。 考えミーティングは、我慢強い規格の終末期医療を達成する署名を得るキャンペーンを開発して、仙台理解における最初のホスピス(緩和ケア病棟)施設に貢献しました。 死には何がそうあるべきであるかを考えている公衆に公開するセミナーは続けられていますが、また、我慢強い遺族の自助グループはそれを管理します。 ‘Promote Specified Nonprofit Activities人の変化への法は予定されています、そして、若年層’参加は将来、上げられるでしょう。
考えミーティングは1989年1月に確立されます。 その時患者への癌の告知をしました、そして、一般ではなく、延命治療を絶対にしました。 それが終末期の患者であった、医療増加への不信用と寂しさを感じながら死を迎えるのが珍しくなかったとしても、病気の名前は言われませんでした。
メンバーの医師と宗教家は、シンポジウムなどにおけるそのような状況を変えるために電話をします。 , そして、遺族参加などの民間人のものは増加しました。 始まるとき、約50人であったメンバーの数は約230人まで増加しました。
5万を超えていた署名が94年のホスピスインストール運動で集められて、ホスピス後部で仙台の都市と名取の両方で合計で3つの場所が病院にできたのは、機会になりました。
公衆に公開するセミナーは、外部講師を招待して、2カ月に一度開いて、110回積もりました。 毎月土曜日に遺族会談が互いにどれであるかに関して開催された会っている「接触」4番目。
[よじ登ってください; eiko]というメンバーの(68)は95における癌のため夫に負けて、「接触」に参加します。 それは現在の「それは心で同じ事情の人に痛みを明らかにすることによって、公正に救われた」経験から事務局の経営に参加します。
吉永議長は「それは、終末期ケアの考えが総合病院に浸透したという結果です」と現在の活動を顧みます。 問題は新入会員の停滞です。 考えミーティングのチラシは**「また、若い死、付け、および学習の人には、意味がある」(吉永議長)、昨年、およびPRが行われる人生の大学に掲示されます。
20周年の講演会が9日の午後2時に仙台市の宮城分野地区の仙台庭のパレスで行われます。 6シェル病院(神戸市)の緩和ケア病棟カウンセラーナオミNumanoはそれについて講義します。 入会手続料1000円。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


柏、小児がんと闘う子供たちと交流会 »
« 「がん研究支援を」 県内で募金駅伝