「がん研究支援を」 県内で募金駅伝

「がん研究支援を」 県内で募金駅伝

18–23日のテリーフォックスのラン参加は高くしています。主に癌と戦う間にマラソンを続けていた、若い人の願望とカナダのテリーフォックスで死ぬ、成功する世界的なチャリティイベント「テリーフォックスラン」に接続されたチャリティー駅伝に県を18日から23日までします。
癌の研究をサポートするのは、関係者の新人にとっての都市のグループ「LIFE(人生の駅伝)のためのEKIDEN」です。 よじ登ってください; ヨー。14人のメンバー、議長以外に上村事務総長(66)はOtaをseitakashiして、松坂地区医師協会の副議長はスポンサーになって、それは形成されました。
〈1つの〉桑名市の役所?そこのランが3つのコースと、公共のオフィスビルと90キロに関する県の松坂である、(18番目のうちの19番目) 〈〉和歌山県のShinguの市の2中学?〈3の〉の松阪市と多気町の許容できる局面、暴露公園、および約160キロ(20–22)の松坂飯高林学販売促進が中心に置くhikahiroshi–Revelation公園と約50キロ(23番目)。 関係者はコースルートの自治体や病院などの約100の場所で資金調達箱をセットアップしている間、啓発活動走行をします。 集まっている資金調達は県、および三重、大阪府愛知の医療機関の癌の研究資金として使用されます。
フォックスは、危険にさらされていて、骨の癌の骨肉腫に右足を切ります。 癌は肺に転移しました、そして、義足が1980年に癌の研究資金を上げるために交差するアメリカのヨーロッパ大陸を目的としていて、走り始めましたが、22歳のときに死にました、そして、それは約5300キロ走りました。 世界の58の国が「テリーフォックスラン」を完了しています。
「多くの関係者を集めて、癌の研究の重要性にルートによる人々に懇願したがっています。」と、事務総長の上村は呼んでいます。

参加と資金調達への問い合せは事務総長の上村(0598・51・3741)です。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん患者と家族支え20年 ターミナルケアを考える会 »
« 「子宮頸がん」(1)38歳 不調感じ受診し発見