がん癒やしのコンサート

がん癒やしのコンサート

今日、患者と医師としてそのような、協会はそうです。「30」若葉、京都で。「ボランティア団体、「若葉、協会、」、試験済みの狩屋では、市が開く、」回復であること。 癌の患者のセルフケアの習慣における「患者と医療人による京都のyashinoコンサート」は、心と4日の京都の普及です。 紗代子Terada(52)代表は「それは医療人と癌患者の共同研究でその領域での癌の患者支持器の役に立つこと」で話しています。

さん/さん Teradaは1993年に乳癌で手術を受けました。 数人の我慢強い仲間とミーティングは「それは自分で癌に反対でなく」て、2003年3月に形成されます。 「心でセルフケアをしている」グループワークは、開かれてなどの活動です。回復であること。 仲間がいる足袋が行われるyashino。
コンサートでは、医師による手作りのコンサートが06における和歌山に保持された日本病理学会で行われたのは、始まりです。 このコンサート、さん/さんで始めた人のために 話がwakaba協会、およびあなたのアドバイザーの藤田保健衛生大学医学部のtsutsumikutsuroと教授から計画されているのを聞いたTeradaが、続いたそして回復京都国際会議場によって保持された98番目の日本の病理学協会総会に従って、コンサートを計画していました。
12人の医師や6人の癌患者などの約30人は、午後1時に京都市北文化会館ホール(京都市北区)で行われたコンサートにすばやく入るために外観と古典から約30を実行します。 さん/さん また、Teradaはピアノで参加します、そして、それは銀行のオーボエで共演します。 さん/さん Teradaは、「コンサートから始まって、優しい心の円と音楽の円は広がっています。」と予想しています。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


「子宮頸がん」(1)38歳 不調感じ受診し発見 »
« 悪性リンパ腫:慢性炎症から、「胃炎など抑制がカギ」 東大チームが仕組み解明