悪性リンパ腫:慢性炎症から、「胃炎など抑制がカギ」 東大チームが仕組み解明

悪性リンパ腫:慢性炎症から、「胃炎など抑制がカギ」 東大チームが仕組み解明

小川Seiji(血腫(腫瘍)研究)の東京アカデミーtokunin准教授の重病は血液癌の種類である悪性リンパ腫が起こるというメカニズムをはっきりさせます。それは4番目と日付を入れられたイギリスの科学雑誌自然電子版に知らせました; 悪性リンパ腫の一部では、胃炎などの慢性炎症は引き金でした。それはその結果炎症コントロールが悪性リンパ腫の処理につながる可能性を示した注意が、向けられるように思えます。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん癒やしのコンサート »
« 清志郎さん“がん克服記”の取材を断っていた