宮田で犬の行動学講習会 初日は「がん探知犬」の講義

宮田で犬の行動学講習会 初日は「がん探知犬」の講義

聴覚障害の社会のためのこの盲導犬の癌が男性の満了などUntilのにおいから6番目を変えたMiyata村の日の秒の間の知覚された「癌検出犬」の原則などのような研究された犬の行動学と訓練方法が始めたコース。 Inu社会トレーニングディレクターのクレアは客演します。導き犬の行動学の研究者として前のイギリス気を教えます。
人と犬のコミュニケーションに関して理解を深めて欲しいときに、1日の聴覚障害の社会のためのこの盲導犬は、コースを後援します。 23 全の国の犬の恋人は講義に出席しています。 初日は研究が世界でちょうど始まった癌検出犬の講演です。 お客様は、学生の犬を借りるためにトレーニングをするつもりでした、癌検出犬のトレーニングのabcとして続いて、匂う犬のために。
伴ってさえいない、それに付きまとってください、そして、コースに1日だけ間出席できます。 日0265年の1日間、1万4000円です。聴覚障害の社会のためのこの盲導犬は等しいです。(85) 問い合せTo 4615=。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


忌野清志郎さん がん性リンパ管症で死去 »
« ご近所のお医者さん:/18 帆足誠司さん 「使命はがん早期発見」 /山口