ご近所のお医者さん:/18 帆足誠司さん 「使命はがん早期発見」 /山口

ご近所のお医者さん:/18 帆足誠司さん 「使命はがん早期発見」 /山口

- Seiji Hoashi(50)
戦後に、祖父は、すぐ、下関市の新天地Choに開店するでしょう。 そして、父親(tetsuosu)は、約50年前に現在地に移りました。 元々、父親はそうです。胃腸科。 ..別のものに登録されて、勢いよく流れてください。 . 彼は産婦人科の博士でしたが。 それはその時貴重なX光線の設備に供給されました、そして、「胃を調べたなら、Hoashiに行ってください」という前述であり、ことでした。

私のhatoiuによって頼りにされるあなたのお父さんの戻っている図ですが、私は、少年時代にパイロットになりたかったです、そして、患者は見られました。 しかしながら、パイロットは、重要な視力であり、それを捨てました。 それは薬の分野を向けました、そして、父親と同じ胃腸病学者はいつの間にか選ばれました。 入院設備(一般的な病床15)は現在、診療通院患者を中心として真っすぐにされます。
大学で学習されて、胃腸などにおける検査方法は主としてそうです。 最近、進んで、できるだけ苦痛を和らげて、点検するのは口から置かれた内視鏡と麻酔技術に可能になりました。 これはがんの早期発見で非常に重要です。 容易にそれを点検するのにおいて可能な状態で医師増加に相談する人についても数。 内視鏡のイメージと技術が進んで、初期の癌であれば腹を深く切らなくてもそれを切除するのが、可能であるので、毎年、早期発見は非常に重要です。
患者へのすばらしい診療は早期発見に不可欠です。 それがそうである考える開業医の責任。 それは、示されて、大学で「病気の世話をして、傷病者は世話をしません」。 私は、現役で一生懸命働いている父親と共に患者のライフスタイルでさえまだ保つことができる存在に目を単に詳細にするように思います。
最近、父親は、40年前に適用範囲を受けます、そして、発行された新聞記事は出ました。 それは「私の任務はその領域の患者の癌の早期発見です。」と書かれました。 本当に、血液について争うのは、可能ではありません。 【リスナーとokaki Kazuyuki】

==============

「Hoashi診療所。」(胃腸内科、内科、および小児科) 21の下関市上田那珂町2の2。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


宮田で犬の行動学講習会 初日は「がん探知犬」の講義 »
« 末期がんの男性、富士見で感謝のコンサート