末期がんの男性、富士見で感謝のコンサート

末期がんの男性、富士見で感謝のコンサート

諏訪-銃の富士見町境界の中の元音楽の先生が、(77)を終わり、onitaba(onitsuka)kutsuroottoの肺癌と診断して、妻のJunko(71)が友人に謝意を含めて、1日の居住者が岳でこのカウンティーの分野村の周りで自然であって、文化的に保たれた8回の手作りのコンサートが庭造します。 約250人は集まりました、そして、それは注意深く、kutsuroottoが命令したコーラスなどを聞きました。
Kutsuroottoは長年音楽の先生として県の奈良に中学に勤めて、7年前にこの町に動いて、生活しました。 あなたはこれまで世話になっているローカルに恩にこたえたいですか?コンサートは計画されていました。
それは「星の協会」がkutsuroottoが誘導している諏訪の地域とコーラスを発表した「音楽フォックス」の恋人から作ったコーラスのメンバーです。 kutsuroottoのコマンドによると、「シューベルトの子守歌」と「峠のわが家」などは歌われました。
onitaba夫妻などの3人の夫婦によるオカリナ性能では、kutsuroottoはピアノの付属物を担当しました。
= 岡谷市=: ..音楽フォックスに属すSusumu武井(74)… 「力がonitabaで来させた多くのアシスタントによるキャラクタです。 音楽を一緒にまだしていたいと思います。 」。Everyoneは歌って、働くことができます(コンサート:)。「また、私はそれを十分楽しむことができました。」Itが解決して、微笑が示されたKutsurootto。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


ご近所のお医者さん:/18 帆足誠司さん 「使命はがん早期発見」 /山口 »
« がんバッテン元気隊!! 博多どんたくパレード参加 患者ら170人「生きる喜び伝える」