がんバッテン元気隊!! 博多どんたくパレード参加 患者ら170人「生きる喜び伝える」

がんバッテン元気隊!! 博多どんたくパレード参加 患者ら170人「生きる喜び伝える」

県の福岡で癌患者と家族から作られた「癌、Batten、およびエネルギッシュな軍団」が、中で参加する、「Hakatadontakukou、フェスティバル、」 福岡市では、3日に開きました。 患者の接続はマシンで生まれます。最後の年による1番目に参加するdontakuです。, そして、それは今までのところ癌の患者の県が環境問題である場所で要求された活動に取り組みました。 患者「dontakuhaと皆が会うことができたという機会のステージ。 喜びが生きるところでだれが単独で苦しむか患者によって言われるなら」それは話します。
軍団は、3日にパレードに参加します。 それ殴打「明日望み癌のBattenがある/がある/のVigourタイ」の替え歌と歌謡曲に従ったしゃくしのパレード。 参加は昨年よりさらに約40人である約170人になる予定です。
今回の最初の参加の福岡市のNaomegu会社従業員Miyabe(40)子宮頸(Kei)癌展開する、転移する、「ある年間だけ生きるのが可能であるということであったので、治療法は見つけられなかった」なら、甲状腺などに、Itが2005年春に医師によって報告されました。 さん/さん それが状態を沈めるMiyabe: 現在。 「癌は全く怖い病気ではありません。 私は、エネルギッシュに歩くために外観を見て欲しいと思います。 」それは話します。
軍団の構成では、「dontakuと共に明るく、それが良いそのようにパレードするのは、可能である」なら、それが、作家の大腸癌に苦しむ友人の女性からの呼ばれた2以上同じ(60)=都市=癌患者が県のなど波のマルチenobukoでそれが聞くためにされる軍団の実行議長で分類する始まりです。
それが去年の8月に昨年のdontaku、担当している人、および県の医師を招待して、意見を交換した後に、交換し続けたワークショップが客間のインストールでしたが、要求された軍団の患者と家族が保持されて、癌患者は公共施設で集まりました、そして、情報は県から交換できました。
「dontakudehaと癌患者を奨励して、呼んでいる間にお互いを助けることができる社会になるように強力に歩きたがっています。」と、波のマルチ入り江は話しています。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


末期がんの男性、富士見で感謝のコンサート »
« 再発時、選択肢増える