50回『皆勤』偉業 71歳杉原 がん抱え 

50回『皆勤』偉業 71歳杉原 がん抱え 

帽子を脱いだSugiharaが、穏やかな微笑で満たされました。 1番目。 1番目は打ちました、そして、達成されて、それがそれを撃ったwoで皆勤になった集会の連続した参加の50時間の偉大な業績は入賞します。
「. . 集会attakarakoso.Iはそれに相当するつもりでした。」。71歳は前立腺癌が保持された感謝の言葉を忘れませんでした。
それは絶頂から比較にならないほど飛距離と技術で落下します。 スコアは、誇張された14です。 それでも、それは16番目のパー4における驚きのバーディーを奪いました。
2番目は、傷ついて、緑色でGaのスロープに落ちて、弱くなりました。ボールであり、止まることのピンから1メーターまでパワー。 難無く、「それは幸運であった」ということです。沈みます… 「とことこ走って、青に上がる際に上がるとき。」 喜びの大きい叫び声は大喜びのギャラリーから起こりました。
初日は終わっています。 「機会の拍手。 石川遼のファンをありがとうございます。 」冗談が混入している状態で。 しかしながら、口が締められたとき、宣言していて、高らかで「それを将来して、止めたがっていなかった」ということでした。 50回の転機はゴルフ人生の目標になりません。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


「人間、好きになったかな」-がんと闘う女医のつぶやき »
« 前立腺がん検診、評価は二分