前立腺がん検診、評価は二分

前立腺がん検診、評価は二分

「死亡率低下」と「不変的」欧米において異なった試験結果
死亡率は発行されて、米国での「20%減少してください」と「変化しないでください」という闘争の結論が同時に雑誌「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」(3月26日に発行する)を投薬する欧米の大規模な比較試験の結果であり始めが前立腺癌の診察で議論を上げるということです。
前立腺癌は、男性への独特の癌のため年をとりながら、増加しました。 また、日本で広く血液の中でPSA(前立腺特異抗原)を調べる診察をします。
それは仮定、中で「死亡率は20%減少した」ヨーロッパ7国を調べます。 いつが55の16万2243の問題をしましたか?平均での9年間の69歳、1000人あたり毎年の2–4のPSA診察を受けたグループの前立腺癌における年間死亡率は0.35人であり、それは、それを受け取らなかった0.41未満人のグループでした。
合衆国のもう片方の試験は会員数を比較します。受信さらにほとんど毎年それを受け取った約3万人と共に。PSA検査と直腸診… どんな容認された2にも1万人毎を住ませなかったグループは、以下の死因が7–10で調べられたとき診察を受けたグループの前立腺癌を伴う年間死亡率における1.7人であり、重要な統計差を持っていませんでした。
それがありましたが、インディケータで「それを推薦してください」で決着する日本泌尿器科学会は、昨年、国内でPSA診察で研究グループが「それは集団検診として推薦されないこと」でインディケータをもたらした、意見、および厚生労働省に一緒に分かれました。
この学術団体は4月9日のこの結果に関する遠く離れた山のAkihiko理事長という名前で「(ヨーロッパの研究における) 死亡率減少の明確な効果がもたらされたので、PSA診察は、より強く推薦された癌の診察になる」ということであると思われた効果に意見を発表します。 他方では、浜島のchisato国立がんセンター、癌予防、および厚生労働省として勤めた診察リサーチセンター総支配人は、グループについて研究します:「詳細は現在不確実です、そして、必ずどちらかによる正当性がありません。 グループの新しいシステムができるとすぐに、インディケータを再検討したいと思います。 」それはそれを作ります。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


50回『皆勤』偉業 71歳杉原 がん抱え  »
« 尿検査で喫煙者の肺癌(がん)リスクを測定