ゴールドリボンウォーキング:子供の願い届け! 小児がんに理解と支援 /東京

ゴールドリボンウォーキング:子供の願い届け! 小児がんに理解と支援 /東京

それらはウォーキングで2500人です。理解とサポートに幼い癌に懇願した「2009を歩く金のリボン」(金のリボンの歩いている経営委員会後援)は、29日の千代田区の日比谷Parkでした。 2500年のおよそ両方、子供、そして、幼児が圧倒された大人達。雲のない青は高く上げられます。癌は、接続金色のPomponと折り紙を入手して、帝国のパレスとYurakuchoの上の5キロの間に金製のリボンに歩きました。
「金のリボン」は世界への幼児の癌のサポートの一般的なシンボルです。 出来事は今回3回数えられました、そして、幼い癌とおもちゃのバザールと戦った子供のバンド実績などのミーティングがありました。 約150万円の部分と入会手続料の資金調達を初期癌支援グループに寄付します。
出来事では、病気に対する戦いにおける子供によるバンド「ライドアウト」は3を実行しました、そして、ホールは重ねられました。 ステージを楽しみにするギター担当の(17)の男性は、26日に幼い癌で死にました、そして、それは3人によるコンサートになりました。
後に、伏し目の話しのgachini、メンバーの寺は(18)をkubokenjiします: , 「彼と共に天国にいたつもりであり、働きました。」と言います。 「幼い癌の早期発見は重要です。 なじみ深くなるのがわずかであるので、理解が出来事でまだ深まっているなら、うれしいです。 」それは強力に解決に上告しました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


尿検査で喫煙者の肺癌(がん)リスクを測定 »
« おかやま大研Q:抑制遺伝子「REIC」 がん患者へ福音なるか /岡山