清水國明 十二指腸がん手術から退院

清水國明 十二指腸がん手術から退院

28日に十二指腸癌のすべての摘出手術を受け取った「その睡眠の睡眠」が才能として東京の病院を出たフォークデュオの清水の認識(58)。 清水は、初期の癌細胞が2月に内視鏡手術で取り除かれたポリープから見つけられて、今月3日に入院します。 手術は6日に受けられました。 それは慶賀されます、そして、恵子(36)病院の誕生日にいなくなります、そして、入院する前に、約8キロ体重を落としましたが、全快は上告されます。 仕事のペースが将来落とされると言われていて、スローライフは家がどれであるかに位置する山梨と河口湖に費やされます。
-   -

そうする清水は、下にを主治医と看護師で見て、20番目ぶりにいっぱいの胸に外の空気を吸入しました。 その場合、それは医師に渡された絵の手紙、「人生を得たこと」に書かれました。 十二指腸癌を伴う入院が哲学を大いに変えたと言われています。
重さが60?52キロ下落しました。 それは約30センチメートルにおける操作の後に胃に新たに残っています、そして、2個のチューブがまだ挿入されています。 それでも、活力はこぼれ微笑であふれました、「もう病院から行くのが可能でないと思われたので、それは新鮮です」と言って。

不規則な人生にボディーに金切り声を出させていたかもしれません。 現実は家が内蔵の河口湖であり、自然生活を目的としましたが、東京への約120キロが毎日車と共に飛ぶ毎日の遠距離通勤です。 「自然に生きましたが、それは人生不自然でした。」 「およそ2つの一時間の繁忙期に、睡眠時間があります。」 駐車場で眠るのは、そう少しのどちらかではありませんでした。 車のマイル数が2年間で18万キロに達したと言われています。
退院した後に、平穏時は自然に河口湖に費やされます。 「それは、仕事を抑圧して、自然に自らに備える子供を育てるのに畑仕事で生活したがっています。 1週間それは約3東京ですか?」。今後、私は「新しい人生」を送るつもりです。

病院にあるとき、そのうえ、多くの友人が、走りました。 双方にもかかわらず、その睡眠の睡眠の**がない原田(57)は、十二指腸にしがみついて、大阪や京都などの市長の12のものを置くアルバムに写真を持って来ます。 **ゲートの歌手Tatsuoの(50)は退院するパーティーを約束して、「ホルモンの店で十二指腸を食べること」。 「話の材料は最も高い訪問でした。」
自然体験出来事における仕事リターンは将来、5月5日に千葉で成立しました。 5月7日のTBSシステム。 「噂します。 東京雑誌」それは飲まれます、そして、テレビはshuurokuで戻ります。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


山田邦子が小児がん支援イベントに参加 »
« がん情報6割「不十分」 道民意識調査 最大の関心は治療費