がん情報6割「不十分」 道民意識調査 最大の関心は治療費

がん情報6割「不十分」 道民意識調査 最大の関心は治療費

北海道新聞は、28日に癌に関する道路世論知識調査の結果を一緒にもたらしました。 列挙された60パーセントに関して、「癌の情報がどこにあったかは理解されません」。不十分なポイントのがん対策について。 治療費に関して、最も知っている情報は、dattaです。 道路がん対策は販促計画など1ですか?20パーセントの人のOnlyは知っていました、そして、道路と国のがん対策が十分浸透していなかった現実は、はっきりさせられました。
調査は、プランのこのものの機会を利用しながら、2008年の2月から3月までの年度から実行されます。 物は20 750人の男女から74年ものです、そして、有効回答は684人(91・2%)です。 患者は20人です。
道路のがん対策で不十分であると思われたポイントに関して、「必要事項がどこにあるかは理解されません」は10の提出品目から選ばれた質問(複数回答可)で57%です。 それは、特別なメカニズム(34%)、相談のシステム(27%)の近くにあることになっていなかった(25%)でそれが治療費をさせ過ぎる(48%)と診察が容易に受けられ続けていました、医療機関。
「治療費」(58%)が大部分であり、知っている情報(複数回答可)は、医療機関、医師(55%)であり、特別な治療法と、薬と、今後後遺症(54%)です。
「態度、それを診断する、」、「情報の入手方法の場所と交換」、および「家族の望ましい方法とサポートグループ」は全体の結果以上であり、もっとも、それを患者に制限するとき、それはわずかでした。
測定の承認レベルで「知らなかった、」 74%は国の考えなどを示したがん対策(07年間の実施)の基本法則に似ていますか? 道路の政策と目標を見せる道路がん対策販促計画(08年間の決定)に関して、91%は、77%の相談窓口について相談サポートセンターを知って、それぞれ86の%と領域での診療のセンターになった癌の診療のためのベース病院(道路の20の場所)の病院を基礎づけませんでした。
それが、努力をして欲しい測定(複数回答可)は、早期発見(79%)、医療機関拡大、地域差キャンセル(58%)、および普及の増進(46%)の注文でした。
そのうえ、癌が「親しみと病気」であると考える道路の人々は、88%に上がりました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


清水國明 十二指腸がん手術から退院 »
« シンポジウム:がんを知る公開講座