シンポジウム:がんを知る公開講座

シンポジウム:がんを知る公開講座

癌に関するそれが電話をした「「癌を知っていた」という中川の医師の公開講座」(東京のアカデミーパリアティブ・ケア診療部分後援とMainichi新聞共催の重病)シンポジウムの正しい知識は28日に安田ホール(文京区、東京)で東京と同じくらい大きく開かれました。 「nkara死生は見られること」が説明した書くことであったKeiichi中川の東京大学病院放射部准教授が今年の3月に現在を「ずっと癌で、反対になるように修正し」て、1000人の関係者に関して聴くまで、「癌を知っていたこと」は毎日新聞医療側で連載されました。
中川さん: 講演で。 「死因の1位は癌ですが、日本はがん対策低開発国です。 まず、癌にかからないライフスタイルを覚えておいて、早くそれをさらに見つけるために癌の診察を広げるのが、必要です。 」正しい知識は上告されました、そして、それは、それを持つために上告されました。 (詳細報告は5月中頃出版スケジュールです。)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん情報6割「不十分」 道民意識調査 最大の関心は治療費 »
« 公明県本部:がん対策強化、知事に陳情 135万人分の署名提出 /福岡