MBL、子宮頸がん診断用標本作製システム発売

MBL、子宮頸がん診断用標本作製システム発売

学生ものは研究します。実験室(MBL)は、彼らが24日の市販の特殊装置のシステムの子宮子宮癌診断と「TACAS(takuasu)」に必要な標本型のために試薬を置くと発表しました。 300の検体と過去に法と比べて、処理能力は1時間で大いに向上するでしょう。 高精度で標本を作ることができます、そして、癌検出率は1.5回まで上げられます。 癌診断センターと医療機関は発生しています、そして、それは10億円の販売を目的とします。 使用される標本作成と固定液のために、などが共同で展開するのが必要だった状態で、滑ってください。スイス。 cytologyAの小さくて中型の病院が手際よく経営できる自社を発展させて、セルのスライドは遠心分離機で集まりました。tekan社、かかっているセルニュー**、装置、また、他の遠心分離機で標本は作ることができます。 価格は1検体あたり600円の固定液、スライド、および装置に合っています、そして、大量処理は1250万円です。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


小児がんもっと知って 支援イベント »
« 中外薬株ストップ高、がん領域伸長で収益性向上-豚インフル追い風