中外薬株ストップ高、がん領域伸長で収益性向上-豚インフル追い風

中外薬株ストップ高、がん領域伸長で収益性向上-豚インフル追い風

4月27日(ブルームバーグ): 買い注文は中外製薬株に流れ出ます。 連結営業利益は175億円(拡大と第1四半期(3月1日?))、74%前年との対応する比率の増加でした; そして、「ha-sepuchin」などの癌の区域の製品、「Abasuchin、「収益構造の改良を評価する動きに加えたメキシコでの豚インフルエンザ発生が受け取られていて、また、それが鳥インフルエンザの予防効果などが予想されて、特需作品がある「タミフル」であるという思惑」; 制限値This日の全幅を上がっている限界になった先週の終値と比べた300円(19%)は買い気配で始まりました、そして、売買は午前9時45分に1918円の量のために承認されました。最後の週為替レートの終わりの24日の取引終了が会社の仮定から変化した後に、公共にされた第1四半期のアカウントの閉鎖に従って、連結純利益は137億円2.1時間でした。円安、および先物為替予約の41億円がまとめられる評価益。
岡三証券投資調査部のYukichi岡部の先任のアナリスト: 第1四半期のアカウントの閉鎖に関して。 「癌の区域の収益貢献レベルは今までのところ、成長しています。 それが腎性貧血処理’Epojinのマイナスに何らかの程度までも決着をつける、’、癌の区域の成長を織る流れは、可能です。 」それはそれを分析します。
他方では、ブタインに従ったタミフルの要求拡大観測に関して、世代を洗い張りしてください。「株価はこれを急上昇するでしょうが、株の豊富な供給量と要求は続きません。 それは一時的な要素です。 」株価は話されていて、ポイント、ブタの騒動でそれを評価するのが、必要であったのがインを洗い張りして、国内外の薬(企業の業績の基本の様々な状態)の原理によると、中のそれが持っていた場所が、それをある程度静かに作ったということでした。投資家へのレポートがある今期が24番目の日付を入れた後に、日光シティグループ債券の山口**ラウンド先任のアナリストは、営業利益期待を修正します; 「12月期間、10年は12月期間以外に577億円から564億円まで短縮されて、’09は700億円662億円から投資評価に変わりました」。. . . . それが期待合計が目標株価まで1600円返す1.0%なると臨時に見込まれるので、1つの段階によって3M(販売/リスクにおける)から「2M(中立/リスクにおける)」で改良された、記事のジャーナリストへの問い合せ; Hideki東京SagiイケHideki Sagiike hsagiike@bloomberg.net

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


MBL、子宮頸がん診断用標本作製システム発売 »
« 癌(がん)治療薬の開発を加速する「第0相」試験