小児がん:毎日新聞コラム掲載、少女に激励の手紙--東京・東浅草小の6年生19人

小児がん:毎日新聞コラム掲載、少女に激励の手紙--東京・東浅草小の6年生19人

齋**ko。支援。
「それは病気で破られない」で「アシスト。」 「東浅草小学校がラジウム岩石で手渡された東京台東区の19人の子供が**施設に入る、「和らぐことの湯」、取り替えられるのと25村上が**子供(8)を緑色にならせるという同県南のSoma市の小学校の3年における幼児の癌の治療のための福島県の三春町では、それと書かれた奨励の手紙が手渡された、」 「それはうれしいです」と言って、それはサイ**koに予期していなかったプレゼントに不足していると感じられました。

齋**ko。神経芽腫生後に7の何カ月も病気になるでしょう。 それは、かれこれ3年の間大人と交際します、そして、「和らぐことの湯」で扱い続けます。 外観がコラムによって導入された、「Komorebi、」 4月2日に関する朝刊のMainichi Newspapers協会側で。 読むとき「青物**のような手紙による勇気が子供であったならばそうすることができます」と言って、「人生について考えて欲しいです」と言って、これが来た読書と声が子供から6年生が住ませる19に来させたこの小とそれを聞いた教師和明Kandachi(kandachi)。
19個の手紙は、今月の中旬のこの施設に達して、サイ**koに手渡されて、聖人像がこの日にKatsuo Kageyama(65)社長によって訪問された(48)をhahamanamiするということでした。 それは「小さいのですが、それは熱く堪えるためにひどいこと」。 「手紙。」 「私は腸を作動させました。 一生懸命、互いに働きましょう。 」解決がつづられたそしてManami読んでください。サイ**koすぐに。
「」になろうそして、「エラ伊根、働き、一生懸命」、声はこの話を聞いた他の湯治お客様による青物**に置かれた子供です。 Manamiは「子供が、サイ**koを知ることによって、人生について考えました、そして、両親はまた、幼い癌を理解する機会になったこと」で話しました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


寄付:アフラック、小児がんで支援 29日にイベントも /東京 »
« 一期一会ボランティア がん患者の心支えて 東北大病院