一期一会ボランティア がん患者の心支えて 東北大病院

一期一会ボランティア がん患者の心支えて 東北大病院

東北大学病院のパリアティブ・ケアセンター(仙台市の青葉地区)で買って出てください。 毎日が重要に費やされるのが、癌患者と願っている家族の心の近くに描かれるなら、それは静かに人の手を差し伸ばします、そして、必要です。 それは季節を言う風のように存在です。
桜の花は西区におけるあちらこちら4月の中旬における17階に存在するパリアティブ・ケアセンターで咲きます。 満開のブランチは承認と通路によって表示されました。 ラウンジの壁では、それは、花弁のように1本の針1の針を押し込む桜の花の壁掛けです。 センターはスプリングの頂点です。
Hahohoはwaraします。むけてください。 . コーディネータのMasako伊藤のために(62) それを買って出て、それを言うことでは、「変化四季が感じられて、不安がittokidemo患者と家族から忘れられているとき、それについて工夫してください。」

Star Festivalと12月は、クリスマスにおける豆まき大会などと、鯉の吹流しの2月、5月の7月です。 あらかじめカレンダーを取るデコレーション以外に安らぎのレセプションと出来事のプロジェクトのボランティア活動。
また、ボランティアは、センターが開いた2000年に始めました。 「医師と看護師がいる手を持って、患者の苦痛を和らげたがっています。」 「初めに、存在の場合にさえ願望を感じます。」 軌道を修正している間、徐々に活動の内容を提供しています。 現在。登録してください。それぞれ。週。二度。中心に置きます。訪問してください。

パリアティブ・ケア部分ディレクターは(52)をchuutamoritsuuします。「ボランティアは、区に忘れて、それになるのについて私に思い出させる傾向があります。日常生活。 死を実現した患者にとって、それは心の滋養です。 」それは話します。
「あなたは、今日、何を飲みますか?」さん 伊藤は元気な声で患者と家族に尋ねます。 午後のティータイムの時間です。 コーヒーのにおいはそうです。食物を受け入れなかった人が、大気を味わうことができるように、区を不意にやって来ました。
「来たとき、花が変化したので、それは楽しみです。」 「コーヒー。」飲んでください。ぶらついてください。訪問してください。70代に。男性は我慢強いです。テーブルの上に置きます。チューリップ。見てください。表面「花弁が折り紙の箱の中に横分散されても、美しいです」。 「どう生け花と花を知っていた伊藤さんを叙勲するかによって話すのを楽しんでいました。」
スタート女性(67)からのメンバーのものは進歩をしている癌のため夫を失いました。 通知から死までそれは3カ月です。 それを入院させた病院では、ナース・コールが鳴らされましたが、看護師は容易に現れませんでした。 「乳房が上がっていて、それが願望が一人もしたがっているrecoverySuchが絶望的な、ikaraに孤独であった、」

旅行と趣味まで運転しようとしましたが、早過ぎる夫の死は受け入れられませんでした。 次に、それは感じられて、初めてのボランティア活動で「回復とsareta」は仙台都市のホスピスのそばで始まりました。 それは、ボランティアがいたのを知っていました、そして、また、新たに開いた東北大学の区では、申し込みました。
「私はそれからどちらも患者か家族を説得されますが、申し上げられた謝意を感じます。 私は、多くのものを手に入れると思います。 」

1つ1の用語ミーティング。 ボランティアは心にそれを彫ります。 「最大の気持ちは走ります。」 「心はそのような願望によって花の小さい方向に分配されます。」
「瞬間はしばらく重要です。」 「さん」 伊藤は作業終了に1日間、区の周りでターンしている間、花を真っすぐにしました。 (レポート部分とsonchiharu)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


小児がん:毎日新聞コラム掲載、少女に激励の手紙--東京・東浅草小の6年生19人 »
« 院内コンサート:がん闘病中の医師・高崎さん、中断乗り越えカスタネット演奏 /大阪