院内コンサート:がん闘病中の医師・高崎さん、中断乗り越えカスタネット演奏 /大阪

院内コンサート:がん闘病中の医師・高崎さん、中断乗り越えカスタネット演奏 /大阪

自身のバイオリンであり、それが医師であり、高月のNoboru高崎(72)であり、丘の病院は. 始められた院内コンサートと乗り切られる中断です。
- 「患者は奨励される」という仲間が計画しています、そして、6は発表されます。病気に対する戦いにおける「ヒル病院」(高月市)とNoboru高崎(72)の医師は23日の終わりの肝臓癌によるプレーヤーのひとりとしての議会の入院患者のために行われていたコンサートに参加しました。 高崎さんが04で始まりましたが、状態が悪化したので、コンサートは12月の昨年の終わりに中止されました。 高崎さん「コンサートが、患者が生きるよう奨励するなら。 私は、将来続いて欲しいと思います。 」願望は置かれます。 【Satoshi松井】

高崎さんは長崎県の到来です。 それはこの病院への人のポストに04における県のなどにおける大学病院を通って行きました。 認知症の状態管理の患者の趣味が撮影である間の議会で休息スペースを使用するのによる期間、演奏される数個の時の料金のバイオリンであり、それは、患者のように回復とshitekitaです。 また、社会福祉士としてこの病院に勤める深田久美子(27)が、キーボードとして接合します、そして、それは2人で働きました。
しかしながら、以前作動します、そして、確実に回復する肝臓癌は、再発します。 それは今年の1月に別の病院に入院します、そして、この病院では、今、扱っています。 コンサートが癌の再発でも中断しましたが、「高崎さんが少しでもエネルギッシュになって欲しいです」と言って、深田さんは計画していました。
深田さんがキーボードと別の医師がこの日にサクソフォーンを担当するベースと主治医の妻であることは、「特殊機関」です。 高崎さんはバイオリンではなく、カスタネットで物理的な状態を考慮して参加しました。
そして、集まった約50人の患者が、午後3時、および6から約30分間総で実行された、「それが満足であったなら手を叩こう、」、「大きい古時計」は先で実行されて、アンコールは二度実行されました。 また、深田さんが演奏したメロディーに従って、高崎さんは強力にカスタネットを打ちました。
性能を聞いた患者のイガワ友情(友情)(72)さん「初めて、聴きましたが、それは非常にエネルギッシュになりました。 私は、将来続いて欲しいと思います。 」それは解決を微笑んで話しました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


一期一会ボランティア がん患者の心支えて 東北大病院 »
« 死亡原因のトップはがん、心臓病が2位-瀋陽