子宮頸がん検診受けて 松山で啓発イベント

子宮頸がん検診受けて 松山で啓発イベント

癌の診察啓発出来事、「知って、防止された子宮頸(Kei)癌」は26日の松山市のajisake町で1丁目で県の統合健康クラブで開かれました。 約150人は女性の周りで参加しました、そして、早期発見と正しい知識の重要性は学習されました。 子宮子宮癌は、1年あたり約7000人を開発して、30代に急速に20歳の女性に増加します。 女性の80パーセントが大きいヒト乳頭腫ウイルス(HPV)があるときあるという危険因子であり、すなわち、想定されて、それは、生涯90%か一層の患者から感染して、検出されます。 しかしながら、早期発見ができるなら完治を予想できて、今年の秋のための認可スケジュールのワクチンを予防注射するなら、それは「それを防ぐのは、可能であり」癌です。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん遺児に奨学金を 府内で募金呼びかけ アフラック »
« 講演:医師や社会福祉士、がん分かりやすく解説--福井赤十字病院 /福井