講演:医師や社会福祉士、がん分かりやすく解説--福井赤十字病院 /福井

講演:医師や社会福祉士、がん分かりやすく解説--福井赤十字病院 /福井

医師と社会福祉士が明らかに癌の治療の望ましい方法を説明した講演会が26日に福井赤十字病院(月2を楽しんでいる福井市)で行われました。
それは5に権利を与えられます。癌との関係のためのどのようにかが言いたがっています。医師、そして、社会福祉士、 従業員、「どんな特別番組、各メンバー、」 そして、講演この病院の癌の診療センター。 社会福祉士の横山智己はこのうち議会の相談サポートセンターを導入します。 するとき、まさしくそのであることは、癌と診断された理解される存在ではありませんでした。それによってどの様々な質問に現状がわかったか、「善良である、」 患者とそれが発信したことであったが話されたなら、「困惑しているものを担当してアレンジメントと医師で良い関係を秘密にするために、助けたいと思います」。

同じセンターヘッドユキ医師広瀬は、外に質疑応答で出席している人から「初めに、それは病気です」と尋ねるために指します。「何であるか、癌で」、「それは、引き継いで病気ではありません、もっとも、遺伝子癌が病気がありますか?」 そのうえ、その「癌の通知に関する考えの調子はどうであるべきです」を言って、出席しているもう1人の人が質問します。 Katashi寺井**と臨床心理士が説明する、「患者が通知を受け取る、非常に、どのようにそれを支持するかが、重要である、」 聴取が情熱的にあった、集まった出席している約200人で、メモを取りました。【タモツOhisa余市】

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


子宮頸がん検診受けて 松山で啓発イベント »
« 歯磨きでがんリスク3割減 1日2回以上が効果的