歯磨きでがんリスク3割減 1日2回以上が効果的

歯磨きでがんリスク3割減 1日2回以上が効果的

歯は2日の回以上集められました、そして、愛知県のがんセンター実験室(名古屋市)はそれが一緒に研磨機が口に入るという危険における、あるときの人と食道の癌より30パーセント低かった研究結果をもたらしました。 全くつやが出なかった人の危険はあるときの人の1.8倍でした。
歯のつや出し習慣と発癌との関係が約3800人のために意図する疫学調査の結果によって示されているレポートに国内の1番目であると言われています。 それは10月1日に横浜市で開催された日本癌学会で発表します。
この実験室疫学予防部の松尾めぐみの総支配人Taro「アセトアルデヒドを作る細菌があります。口とのどの上の発癌物質。 少なくとも朝、夜つやが出るなら細菌と発癌物質が歯のつや出しで洗い流されるので、それは癌予防の役に立ちます。 」それは話します。
歯のつや出し、喫煙、および飲酒の習慣などはだれが癌でないか同じくらいが中心に置く医師に相談した人から患者の合計における961人(口ののどなどの頭頸部癌と食道ガン)と2883人に尋ねられました。 時代は20–79歳です、そして、平均は61歳です。
癌にかかるという危険があるときの人より約29%低く、危険が研磨機の. 2回以上2回それを分析することの結果、研磨機で全くつやが出なかった人の2.5倍であったかmoreItは、それが同様の結果であり、歯のつや出し習慣が全くないというその他の危険因子に関係なく、喫煙する人だけの分析を呼んで、それが強く独立している癌の危険因子であることを示しているためにものを飲みます。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


講演:医師や社会福祉士、がん分かりやすく解説--福井赤十字病院 /福井 »
« 手話寸劇で「がん検診受けて」 聴覚障害者に市民団体訴え 「重要性が伝わってきた」 福岡市市民福祉プラザ