手話寸劇で「がん検診受けて」 聴覚障害者に市民団体訴え 「重要性が伝わってきた」 福岡市市民福祉プラザ

手話寸劇で「がん検診受けて」 聴覚障害者に市民団体訴え 「重要性が伝わってきた」 福岡市市民福祉プラザ

「停止、座ること、および癌」が福岡市中央区荒さドアの市民福祉広場で手話を使った短いプレーを発表した(下田hachisukoは仲介役代表しています)市民団体は24日での癌の診察のために聴覚障害者を尋ねます。 診察の必要性は、このブランチの器官と共に行われる「福岡手話の昼間のブランチと会合します」の例会(nagafuchi Kyokoブランチの代表)の機会を利用しながら、短いプレーで明らかに上告されました。
メンバーと公聴会が周囲で50を損なった、このブランチは参加します。 手話による短いプレーがそこから計画されているのが、講演会で手話通訳でなかったということであった、「停止–」 癌の診察、防止、および呼ぶ機会を啓発したために、公聴会はわずかしか損ないませんでした。
短いプレーでは、それが初期段階に発見する内容です、そして、その付近の居住者は乳癌のように病院を経営した後に、3日にいなくなった女性の体験談から始まる癌の診察に興味を持っています。 10人のパフォーマーに関して合わせられて、その「それが病気でなかったときに、受信するのはそれを一緒に受け取り’診察を言って、’. すべて」は、外で読書するのに、ナレーターでruserifuして、手話で行動していました。

satomiさんであれば、短いプレーの後の保健婦の原田は初期段階、3人の日本人というパーセントが説明する80と1人の人で癌を発見します。生存、癌のなどによる死は説明します。「幸いにも、生活は免疫を改良します。 毎日を笑って過ごしましょう。 」それは呼びました。
= 短いプレーを見た井上(69)ミツコさんの同じ都市の東地区=「重要性はそれが医師によって言われているよりもう少し伝えられました。 私は、ちょっと怖くなったので、久しぶりの診察に行くと思います。 」それは実際にそれを感じました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


歯磨きでがんリスク3割減 1日2回以上が効果的 »
« 広島県、乳がん対策拡充 死亡率を全国最低へ