広島県、乳がん対策拡充 死亡率を全国最低へ

広島県、乳がん対策拡充 死亡率を全国最低へ

- 診察率は年度2017に50%まで上げられます。
広島県は、23日に「手段が付ける日本の乳癌」を目的としたと宣言しました。 47の管理部門で2017年の年度で乳癌死亡率を最も下げる目標は、設定されます。 癌の診察の受診率が50%以上に改良されて、連続した医療環境の維持は、診察から処理、操作まで進められて、操作の後に医療ネットワークに基づいています。
医療関係者と患者からそれを作った県のがん対策販売促進会議は、この日に宣言すると認めました。 国立がんセンター(東京)の概要によると、乳癌で県の中で07で死んだ75歳未満は160人です。 修正が全の国のモデル人口構成比で加えられる10万の人口の死亡率がなる、9、0、全の国における12番目の安値はそうです。
県は絶えずヘルス・ケア・システムの機能アップに進められるために分析されている間、県の女性の癌患者で乳癌が大部分である状況を評価します。 07で全国を通じて1位であった香川県の死亡率7.8と減少する数値目標は、セットアップされました。
県のがん対策販売促進の始まりの10年が計画された後に、17年度に達成タイムリミットを提供しました。 それはそうです。. 死亡者数で。1年あたり22人。 ..減少… 早期発見の2維持と達成に関する処理の高品質なシステムは柱として置かれます。
07年の県の乳癌診察受診率は19.8%です。 測定の強くなるのは販促計画に固執させる「12年度によってそれは50%です」の達成における差し迫った必要性で企業と都市の町と提携して相談を押すモデルビジネスを調べます。 品質と精度が改良する診察があったので、データ収集と評価システムの構造は加速しました。
処理のシステムは去年の4月に始まった「広島乳癌医療ネットワーク」を主に強化します。 医療機関111場所、患者団体、および県、専門家などのアレンジメントのような一定のレベルがいっぱいにされたところでなどは参加しています。
医師に患者に接する「乳癌紙入れ」の普及、点検データ、治療歴などを記録する「診断と治療計画」を共有するのは促進されます。 (1)操作の後の診察(2)精密診断(3)総合診断と専門治療(4)処理。 長所がある病院は段階にそれを割り当てます。飲むこと。 kaku。 それは、検証、診療の専門家販売促進の外に始めることが予定されて、操作を将来公共の結果にしています。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


手話寸劇で「がん検診受けて」 聴覚障害者に市民団体訴え 「重要性が伝わってきた」 福岡市市民福祉プラザ »
« 末期がん患者往診車:緊急車両に指定--栃木「在宅ホスピスとちの木」 /栃木